自律神経って歳と共に衰えるって知ってました?|西船橋で鬱、自律神経失調症頭痛、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ブログ更新中!

自律神経失調症

自律神経って歳と共に衰えるって知ってました?

音声で聞きたい方はこちらから

筋肉は特に何もしないと一年で1%づつ低下するそうです。

私は毎日何かしらの筋トレをしています。

 

自律神経は10年で15%その能力が低下するそうです。

筋肉よりもその低下率は高いですね。

驚きです。

 

これを聞いてあなたはどう感じますか?

「ふーん」 な感じではないですか?

だって自律神経って何か分からないですもんね。

 

何かの不調があって病院で様々な検査をして、その結果何の異常も見当たらなかった場合、お医者さんから

「自律神経かな」

と言われる事があります。

 

そんなことを言われると

「自律神経って何か雲をつかむような感じ」

と正体不明な印象がします。

 

中には私が

「これが自律神経です」

と言うと

「自律神経って存在するんですね」

と言う人もいます。

そのくらい自律神経という存在は理解されていないのです。

 

自律神経とは何か?

自律神経とは偉大な支配者なのです。

 

体は意識しなくても自動的に様々なことをしてくれています。

勝手に血液を流してくれています。

勝手に血圧をコントロールしてくれています。

勝手に消化吸収してくれています。

勝手に傷を治してくれています。

勝手に細胞を作ってくれています、、、などなど。

 

意識して出来ることの方が圧倒的に少ないのです。

これらは全て自律神経が行なっています。

脳が自律神経を介して管理していると言われていますが、安保徹先生によると、自律神経の方が脳よりもその成り立ちは古く、自律神経が独立して管理しているそうです。

 

その偉大な支配者である自律神経の働きが10年で15%もその管理能力が低下するんですよ?!

危機的ではないですか?

 

「ど、どうしよう?!」

と感じますよね。

これだけ煽っておいて

「これは仕方がないことですから受け入れて下さい」

と言っても怒られそうですね。

 

 

自律神経を鍛える方法

 

そうなんです。

自律神経はある程度鍛える事が出来るのです

その方法は

少し面倒なことをやる事です。

 

ある程度歳をとって

「この人元気がないな」

と感じる人はどの様な人でしょうか?

 

仕事を引退した人を見ているとそれは分かります。

それは、変化のない毎日を送っている人です。

 

「いつも何しているんですか?」

「新聞読んでコンビニ行って、TVを見てるよ」

というような人です

 

仕事をしている人なら

「毎日会社と家の往復」

を繰り返している人です。

 

毎日同じことをしていると変化がありません。

毎日同じことをしていると、自律神経は自動的にそれが出来る様に色々な体の部分を慣れさせていきます。

 

あなたは左右どちらの脚から靴を履いていますか?

「あれ?どっちだろう?」

そうなんです。

毎日自動的に靴を履いているのでわからないのです。

これは意識しないでも出来るように体が対応しているのです。

省エネしているのです。

 

でも、これを毎日していると省エネが加速して自律神経が少しづつ衰えていきます。

 

いつもと違う脚から靴を履いて下さい。

「面倒だな」

と思うことを意識してしてみて下さい。

 

いつもと違う手で鍵を開ける。

「あれ?どっちに回すんだ?」

ってなります。

 

いつもと違う道を歩いて駅に行く。

「こんなお店あったっけ?」

いつもと違うカフェに行く。

「少し緊張するな」

 

いつもと違う違うお店でランチをする。

旅行していつもと違う風景を見る。

初めての催しに参加する。

習い事に参加する。

などなど。

 

これらは大したことはないですが「少し面倒くさい」です。

でもこの「少し面倒くさい」ことが自律神経を鍛える為には大切なのです。

 

少し意識して考えてみて下さい。

 

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る