胃下垂は治る?|西船橋で鬱、自律神経失調症頭痛、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ブログ更新中!

胃腸の不調

胃下垂は治る?

音声で聞きたい方はこちらから

「私胃下垂ですが治りますか?」

 

胃下垂とは胃が正常な位置よりも下にある状態を言います。

大概は持って生まれた体質などに起因します。

 

胃下垂は治るのでしょうか?

 

民間療法では逆立ちをすると良いと言われていましたが、その効果ははたして、、、?

これで治った人いますか?

私は聞いたことがありません。

 

あなたは胃下垂を治したいですか?

 

「できれば治したい」

「今よりも良くなりたい」

 

では、胃下垂の何を良くしたいですか?

 

「胃の位置を治したい」

と言うのなら、私はお役に立てないです。

 

「胃下垂から来る胃もたれを治したい」

「胃下垂から来る食欲不振を改善してもっと楽しく生活したい」

 

と言うのならばこのブログはお役に立てると思います。

 

「胃の位置がだいぶ下にあるのだけれど、その位置は変わらないでも私の胃の状態は良くなるの?」

 

はい。

胃の位置が変わらなくても今よりも良くなります。

 

実は、胃下垂でも何の症状も出ていない人も多くいます。

 

胃下垂の他になんらかの理由が加わって胃もたれや食欲不振などの胃の症状が発症するのです。

 

では、胃下垂の症状は何をすると発症するのでしょうか?

 

 

胃下垂の症状が発症する原因

その①猫背

 

猫背は胃にとても悪い習慣です。

猫背にしていると胃の空間が圧迫されて胃の動きが制限されます。

 

すると胃もたれや消化不良などの症状が現れます。

 

 

 

胃下垂の症状が発症する原因

その②噛まない

 

胃もたれや食欲不振を訴える人の多くがあまり噛んで食べていません。

 

早食いの人なら

「たしかにそうだな」

と納得します。

 

でも

「私食べるのが遅いですよ」

と言う人もいます。

 

早食い=噛んでいない

 

は連想しやすいですが

 

食べるのが遅い=噛んでいない

 

は連想しにくいので改善しにくいですよね。

 

食べるのが遅くてもあまり噛んでいない人は大勢います。

自分が早食いの習慣がなくても、噛んでいる回数を数えることはとても重要です。

 

あなたがもし20回噛んでいないのならば、今の胃のもたれや消化不良、食欲不振は食べ方に問題がある可能性があります。

 

 

胃下垂の問題を解決する方法

 

まずは姿勢を良くしましょう。

 

良い姿勢のとり方

  1. 腰に手のひらを当てます。
  2. その手のひらのすぐ上の背骨の両脇の筋肉に「グッ」と力を入れて、その背骨を反らして下さい(あなたのこの背骨は恐らく出っ張っていると思いますが、この背骨は本来、反っているものなのです)。

この姿勢を常日頃からしていればあなたの胃の症状は確実に改善します。

 

そして、少なくとも20回以上は噛んで食べましょう。

 

噛むことはあなたが思っている以上に重要です。

 

しっかりと毎日の食事で実行して下さい。

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る