不安感で頭が回らない、話が終わらない|西船橋で鬱、自律神経失調症頭痛、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ブログ更新中!

不眠、うつ、不安感

不安感で頭が回らない、話が終わらない

音声で聞きたい方はこちらから

「最近鬱っぽくて、、、」

 

と久々に来た方が言っていました。

その方曰く

「考え出すと頭がグルグル回って抜け出せない」

との事でした。

 

この方は初回はこんな感じで、何を話しても同じところをグルグル回っていたのでいい加減なところで

「これはキリがないな」

と判断して話を切り上げました。

 

2回目は、話を自分でコントロール出来ていて

「おお、なんか良くなっている」

と思ったくらいです。

 

本日3回目でしたが

「また元に戻ったな、、、話が終わらない、、、」

と言う感じでした。

 

話がエンドレスに続くのは鬱や不安症の人の特徴のひとつです。

 

「その話はさっき聞いたな、、、」

「また同じ話に戻ってきたな、、、」

など、聞いている方が凄く疲れる話のパターンです。

 

あなたの周りにもいませんか?

大なり小なりそんな人は周りにいると思います。

 

この人達は一体何が悪くてこんな感じになっているのでしょうか?

 

話に終わりがなく同じ事ばかり話すのは

自律神経失調症だから

です。

 

「ああ、いるいる!」

「あの人だ!」

 

と言うのならその人は体調が悪く有りませんか?

 

あなたやその知人が自律神経失調症なのかを知るためには、次の質問に答えてみてください。

  • 毎日座りっぱなし
  • 運動習慣がない
  • 眠る直前までスマホを見ている
  • 手足がいつも冷たい
  • 早食い
  • 電車で寝落ちをしている
  • いつもソファーで過ごしている
  • 姿勢に気をつけた事がない
  • 水分を意識的に摂っていない
  • スマホを手放せない

 

このうち2つ以上心当たりがあるのならあなたは自律神経失調症の可能性があります。

 

この質問は、当院に通っている自律神経失調症の人の特徴です。

かなり高い割合で当てはまっている人は早めにこの習慣を改善するべきです。

 

当院に訪れたこの人は、初回はの背骨はダメダメでしたが2回目は70点で合格でした。

 

そうしたら話も自分で終わらせる事ができていました。

 

3回目は65点で赤点でした。

話がグルグル回って終わらない終わらない、、、

 

この点数は「背骨の歪み」です。

 

簡単に言うと背骨が歪んでいないときは話がまとまる。

背骨が歪んでいるとグルグル回って終わらない。

 

あなたは

「背骨と話がグルグル回って終わらないのとなんの関係があるの?」

と思うでしょう。

 

それは

背骨=自律神経

だからです。

 

自律神経は背骨の中にあるのです。

だから背骨が歪むと自律神経にも影響があるのです。

 

もっと言ってしまうと、背骨が歪むと自律神経が失調するのです。

 

背骨の矯正を受けましょう。

 

当院の矯正方法について

 

そしてその後の良好な背骨の状態を良い姿勢をしてキープすれば最短で鬱や不安症は改善します。

 

良い姿勢のとり方

  1. 腰に手のひらを当てます。
  2. その手のひらのすぐ上の背骨の両脇の筋肉に「グッ」と力を入れて、その背骨を反らして下さい(あなたのこの背骨は恐らく出っ張っていると思いますが、この背骨は本来、反っているものなのです)。

 

 

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る