鬱と小麦|西船橋で鬱、自律神経失調症頭痛、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ブログ更新中!

不眠、うつ、不安感

鬱と小麦

音声で聞きたい方はこちらから

鬱と小麦

 

「なんだそりゃ」

な感じですよね。

 

でも、鬱と小麦はある関係性があるのです。

 

鬱は精神的疾患です。

その精神的疾患である鬱と小麦は密接な関係があるのです。

 

 

鬱と小麦の密接な関係とは?

 

この関係性に私が気付いたのは、もう数年ほど前になります。

 

鬱で通っている人のお腹を調べた時でした。

 

私は

「凄い張っているな」

と感じて少しお腹を押してみました。

 

「痛たたた!」

 

とその人はとても痛がりました。

 

私は何でこんなにお腹が張っているんだろうと思いましたが、たまたまかな?とも思いその時はそのままお帰りいただきました。

 

別日にその人とは違う鬱の人のお腹を触った時もお腹が凄く張っていました。

押すととても痛がります。

 

鬱の人のお腹は張っている事がほとんどである事に気がつきました。

 

そこで、お腹が張っている人に

「毎日何を食べていますか?」

もしくは

「食べ物は何が好きですか?」

と聞いたところほとんどの人が

「パスタです」

「パンです」

「うどんです」

と小麦を多く食べている事が分かりました。

 

私は

「小麦を沢山食べているからこんなにお腹が張っているのか」

と納得しました。

 

小麦はどうやら私たち日本人にとっては消化、吸収にだいぶ労力が必要な食べ物のようです。

 

小麦を日々多く摂っていると、腸が凄く頑張らなければならなくなり、そして疲労してしまうのです。

 

腸は第二の脳と言われるくらい、精神的な事にも関与しています。

実際、鬱の人のお腹は張っている事がほとんどです。

 

その腸が小麦を摂る事によって、慢性的に疲労していたら治るものも治りません。

 

「私は小麦アレルギーではないけど」

とよく言われます。

 

これは私の自論ですが、病院の検査では小麦アレルギーと診断されなくても、小麦が腸にとっての負担になっている人が大勢います。

 

お米アレルギーはほとんどいないけど、小麦アレルギーは珍しくないことを考慮に入れても、我々日本人にとっては大なり小なり小麦はアレルゲンと言ってもいいと思います。

 

それでは、小麦は一切食べてはいけないのか?

 

小麦断ちはなかなかハードルが高いですね。

もう既に多くの小麦製品が我々の生活に入り込んでいますから。

 

毎日、毎朝をやめましょう

 

毎朝パンです。

という人は1日おきにして下さい。

 

毎日食べていると、腸の疲労がとれる前にまたアレルゲンをお腹に入れるので少しづつ腸に疲労が溜まっていきます。

 

昨日パンだったので今日の朝食はご飯に納豆にするなどとして下さい。

 

小麦を摂る量を半分くらいにすると、次の週には

「先週よりもお腹の張りが良くなりましたね」

その次の週には

「また張りが減りましたね」 と言えるようになります。

 

するとそれに比例して鬱の状態も段々と良くなるのです。

 

小麦を減らすのと背骨の矯正を同時進行にすると最短で、無理なく鬱を改善します。

 

当院の矯正方法DRTについて

 

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る