顔のほてりの効果的な改善方法|西船橋で鬱、自律神経失調症頭痛、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ブログ更新中!

更年期障害、産後の不調

顔のほてりの効果的な改善方法

音声で聞きたい方はこちらから。

更年期障害の一つの症状として「顔のほてり」があります。

顔が熱くなったり、汗が止まらなかったりします。

 

人によっては上半身全体が熱くなると訴える人もいます。

なので比較的薄着で生活している人も少なくありません。

 

果たしてこの熱くなる顔のほてりの正体とは何でしょうか?

 

その正体は、、、

冷えのぼせ

です。

 

冷えのぼせとは下半身は冷えていて顔を含む上半身は熱くのぼせている状態のことを言います。

 

東洋医学的に言うと、本来多くのエネルギー(熱)はおへその下の丹田と言うところに集まります。

ところが様々な理由で丹田にエネルギーがいられないようになるとそのエネルギーが上半身に移動してしまいます。

 

するとお腹や下半身は冷えているのに、顔などはほてった冷えのぼせの状態になるのです。

 

 

 

顔のほてりの改善方法

冷えの改善

 

「冷えの改善?」

「のぼせの改善ではないの?」

とあなたは思うかもしれません。

 

前述しましたが、顔のほてりの正体は冷えのぼせが原因です。

お腹を含む下半身が冷えたことがそもそもの始まりなのです。

 

だから一番改善させなければならないのは冷えの改善なのです。

 

冷えの改善と言われて、ほとんどの人が思うことが「バスタブにゆっくりと浸かる」とか「腹巻きなど温かい服装にする」などです。

 

間違いではありませんが、正解でもありません。

悪くもなりませんが、良くもなりません。

 

冷えている人がよく言うことが

「湯船に浸かっても出たらすぐに冷えちゃってるんですよ」

 

これでは冷えを改善することは出来ません。

 

実は脚が冷えているのはお腹が冷えているからなので、お腹の改善が根本改善になります。

 

ではお腹はどうしたら改善するのでしょうか?

 

脚の冷えやお腹の冷えを訴える人のお腹は凄く張っています。

 

実はこのお腹の張りが解消すると下半身の冷えは改善します。

 

 

お腹の張りの改善方法

食べるものを見直して改善する

 

あなたは毎日毎日何を食べて、何をのんでいますか?

 

パスタ?

パン?

ラーメン?

コンビニ弁当?

 

今述べたものは全てお腹の張りにつながるものです。

 

「コンビニ弁当はなんとなくわかるけど、パン、パスタも?」

 

そうです。

これらの主原料は主に小麦です。

小麦を摂りすぎるとお腹の張りにつながるのです。

 

出来るだけ自炊して、ご飯を食べましょう。

 

あと意外なのが、冷たいものを飲んでいる人が多いことです。

 

これは「ほてり」が主訴だからかもしれません。

中には冷えを自覚していない人もいます。

 

出来るだけ温かいものを摂取して下さい。

お勧めは白湯です。

 

上記にプラスして、良い姿勢で生活すれば火照りの改善が早まります。

 

良い姿勢のとり方

  1. 腰に手のひらを当てます。
  2. その手のひらのすぐ上の背骨の両脇の筋肉に「グッ」と力を入れて、その背骨を反らして下さい(あなたのこの背骨は恐らく出っ張っていると思いますが、この背骨は本来、反っているものなのです)。

 

良い姿勢のキープと背骨の矯正が最短でほてりを改善します。

 

当院の矯正方法DRTについて

 

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る