重いものを持ったから頭痛がする?|西船橋で頭痛、肩こり、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ※日曜日・祝日は18:00までの診療

    ブログ更新中!

院長ブログ

重いものを持ったから頭痛がする?

もう2か月ほど通っている方がいます。

 

1か月に一回吐くほどの頭痛がした数日寝込むとのことでしたがここ最近は薬を飲まないでも過ごす事が出来ているようです。

 

「仕事で重いものを持つとその日の夜は頭痛がするんですよ。これって筋肉痛と関係があるんですか?」

 

私の臨床経験上、筋肉痛と頭痛が関係があったことはありません。

 

頭痛の主な原因は(病院で検査して異常がなかった場合)

①骨格の歪み

②下の向き過ぎ

によるものがほとんどです。

 

この方の背骨はとても良いわけではありませんがとても悪くはない状態でした。

背骨の状態に点数をつけるとすれば75点でした。

 

この点数は日常を普通に過ごしていれば頭痛は起きない状態です。

しかし、何か特別な事が追加で起きれば頭痛が現れる状態です。

 

特別な事とは

・寝不足

・疲労のピーク

・飲み過ぎ

などです。

 

これらのことを伺っても

「特にはありません」

でした。

 

仕事は機械の部品を洗浄するということは聞いていたのですがどんな体勢でしているのかまでは聞いていなかったのでその大勢になってもらいました。

 

「こんな感じで仕事しています」

と言われた大勢か

しゃがんで背中を丸くしている状態

だったのです。

 

わかりやすく(?)言うと和式でようをたすスタイルです。

この姿勢は背骨から骨盤の全てが反りがなくなって後ろに丸まっている状態です。

 

前述した頭痛の原因である「背骨の歪み」が強く出ている状態なのです。

だから仕事が終わると頭痛がしていたのです。

でも、日頃の姿勢はわたしが指導した通りにしていたので次の日は起きてしばらくすると頭痛が治まっていたのです。

 

私が指導している姿勢について

 

ここしばらくその繰り返しをしていたわけです。

 

ではどのようにすれば仕事の後の頭痛は無くなるのでしょうか?

 

中途半端にしゃがまない

 

草むしりをしている方にも言えることですが、しゃがみ込むという姿勢は良い事は一つもありません。

何故なら背骨が全て丸まって大きく歪むからです。

 

正座がおススメです。

正座をして背骨を伸ばして座って下さい。

そして作業中は股関節からおじぎをする感じで前に屈むと背骨は歪みません。

 

この方はそのことをお伝えすると

「私の机を持ってきて専用のスペースにして椅子に座ってやってみます」

との事でしたので次回からそうするようです。

 

確かに机と椅子が用意できる環境であればそれがいいと思いますが勝手にできない方は正座などで対応してみて下さい。

 

当院の矯正方法DRTについてはこちらから

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る