顎関節症の治療でしてはいけない2つの事|西船橋で頭痛、肩こり、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ※日曜日・祝日は18:00までの診療

    ブログ毎日更新中!

院長ブログ

顎関節症の治療でしてはいけない2つの事

顎関節症の治療でしてはいけない事とはどう言った事でしょうか?

 

顎関節症の治療でしてはいけない事

①歯を削る

 

この治療法を推奨している歯医者さんが少ないながらもまだたまにいます。

 

「歯の高さが合わないから合わせるために削る」

と言うことです。

 

一見正しい治療に聞こえるかもしれませんがとても危険な治療です。

それは

不可逆性(元に戻せない)な治療

だからです。

 

削った歯は元には戻りません。

被せ物をしたりしても元どおりにはならないのです。

 

そして歯の高さが違くなった原因も処理していません。

「生まれつき」

と言う診断がなされたならば永久歯が生えそろった段階で顎関節症の症状は出ていなければ辻褄が合わなくなります。

 

他の要素があって歯の高さが合わないのであればその歯の高さが合わなくなった原因を処理しなければ顎関節症の根本的な改善は出来ません。

 

 

顎関節症の治療でしてはいけない事

②顎関節の矯正

 

これも一見正しい治療に思えます。

顎は複雑に歪みます。

顎が歪むと顎関節症になるわけです。

 

では何故顎関節の矯正がいけないのでしょうか?

 

顎が歪んだ理由が何かと言うことなのです。

頭蓋骨や顎は家で例えると屋根です。

屋根が傾いて瓦が崩れてきたのに屋根だけ直す人はいるでしょうか?

 

もっと根本的に地盤や土台を見るはずです。

それと同じで顎は骨盤や背骨が歪むと歪むので、そっちを改善しないで顎の矯正だけをする事はむしろ悪化させることになります。

 

一見良くなったとしても、骨盤や背骨の状態が変わるとまた顎関節症の症状は再発します。

 

 

顎関節症の改善方法

①背骨の矯正

 

前述したように顎関節の土台は骨盤や背骨です。

骨盤や背骨を矯正する事で顎関節の歪みを改善していきます。

 

当院の矯正法DRTとは?

 

そしてその矯正後の良好な背骨の状態を毎日キープしていく事で今日よりも明日、明日よりも明後日という具合に顎関節の状態を改善していきます。

 

良好な背骨の状態をキープする方法

 

 

一見遠回りな治療方法と感じるかもしれませんがこれが最速でまた確実に改善する方法で、再発もほとんどありません。

 

 

顎関節症の改善方法

①片噛みをやめる

 

骨盤や背骨の矯正をしてもたまに痛みが残る人もいます。

その場合は片噛みがあります。

 

右もしくは左でばかり噛んでいるという事です。

現状で顎を触ってもわからない人は一口目を左右どちらでも噛んでいるかを調べてみて下さい。

 

左で噛んでいるなら一口目は右にして下さい。

そのあとはなるべく左右均等にして下さい。

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る