朝の不安感|西船橋で頭痛、肩こり、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ※日曜日・祝日は18:00までの診療

    ブログ毎日更新中!

不眠、うつ、不安感

朝の不安感

通い出して一か月が経過し

「良い日が増えました」

と言っていただいた方がいます。

 

「頭のフワフワもだいぶ改善してもうシャワーでフラつかなくなりました」

との事でした。

 

しかし本日

「久々に朝の不安感が出ました」

 

検査するとストレートネックになっていました。

 

朝から出ている症状はほとんどが

枕が合わない

ために出ています

 

実はこの方には以前に枕の改善をしてもらっています。

その後朝の不安感は改善していたのです。

 

それがまた出てきたと言う事は合わなくなってきたと言う事です。

 

「枕がへっこんでるんですよ」

確かに枕は使い続けるとへたってきます。

でもそれを踏まえて枕の高さを調整していけば良いのです。

 

私が皆さんにお伝えしている枕の調整法は以下の通りです。

  1. 今の枕に仰向けで寝てみる。
  2. 今度は首のところに手拭きの大きさのタオルを縦横一回づつ畳んだものを乗せてまた仰向けで寝てみる。
  3. 1と2を比較してみる。2の方が気持ちが良いなら一枚タオルを乗せておく。
  4. タオルを2枚にしてみて比べてみる。二枚の方が気持ちが良いなら2枚にする。
  5. 3枚にしてみて比較する。やっぱり二枚の方が良いなら二枚が正解。

という感じです。

 

これはそもそもが高すぎる枕には適用出来ません。

高すぎる枕は調整が出来ないので変えてください。

 

この方にもこれを教えて朝の不安感は無くなっていたのですが、毎晩頭を乗せているとへたってきますから高さが低くなっていたのだと思います。

またこの作業をして下さいとお願いしたのでもう大丈夫だと思います。

 

この枕の調整法は特に「朝から」の症状に効果的です。

「朝から肩こりがある」

「朝から腰痛だ」

「朝から足が痺れている」

などなど。

 

「足の痺れにも枕が関係するの?」

と良く言われますが実際に枕の作り方を教えて足の痺れが改善した方もいます。

 

首には全身の神経が通っています。

もちろん足の神経も首を通ります。

枕による首の改善で足の痺れが取れる事は当然と言えば当然です。

 

枕で取れるの症状は「朝から」なのですが、お昼からとか夕方から辛くなってくるのはどうしたら改善するでしょうか?

 

それは

姿勢

です。

 

お昼や夕方には仕事をしていて疲れてくるので姿勢が悪くなってきます。

良い姿勢をキープできなくなってくるのです。

 

しかしながら、お昼や夕方から辛くなる方は良い姿勢を頑張るしかないのです。

良い姿勢を頑張り続けると特に背骨周りの筋肉が鍛えられて徐々に良い姿勢のキープが楽にできるようになります。

 

そうしたら一日中良い姿勢でいても苦にはなりません。

良い姿勢のキープの方法

当院の矯正方法DRTとは?

 

 

 

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る