腰痛の治し方|西船橋で頭痛、肩こり、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ※日曜日・祝日は18:00までの診療

    ブログ更新中!

院長ブログ

腰痛の治し方

腰痛は国民病とも言われています。

日本人は民族的に腰が弱いように言われています。

 

黒人は筋肉の質が違うのでナチュラルに骨盤が前に傾いているのでもしかしたら腰痛は少ないのかもしれないですね。

 

実は腰痛はこの骨盤の傾きが主な原因となっているのです。

 

腰痛になりやすい骨盤は後ろに傾いています。

腰痛が治りやすい骨盤は前に傾いています。

 

そしてほとんどの人の骨盤は後ろに傾いています。

この骨盤の傾きが腰痛を改善する大切な要素となるのです。

 

大切なのは頭の位置

 

頭は質量としては体の中で1番重いとされています。

ボーリングのボールで例えると、男性で15ポンド、女性で12ポンドと言われています。

 

ボーリング経験者ならこんなに重いボールを投げた事なくないですか?

頭ってとっても重いのです。

 

この重い頭をどこで持っているかが重要なのです。

体よりも前で持っているか?

体の真上、垂直に持っているか?

 

ボーリングのボールは垂直に持っていると楽に持っていられますよね?

それを前に傾けると重くてとても疲れます。

 

頭の位置も同じです。

頭の位置が骨盤の真上に有れば肩も腰もとても楽なのです。

 

逆に頭の位置が骨盤よりも前だと肩と腰の筋肉が絶えず頑張らないといけないのでとても辛くなります。

これが腰痛の原因となります。

 

腰痛の治し方

 

ボーリングのボールを垂直に持つように頭の位置を骨盤の真上にして垂直にして下さい。

 

そうする事によって腰の筋肉が必要最低限の負荷で済みます。

 

立っている時は大雑把に言うと足の上です。

厳密にいうとくるぶしの少し前側に頭が位置すると理想的です。

 

しかしながらこれは頭の位置が悪いのではありません。

何が悪いのかというと

骨盤が後ろに傾いているから

悪いのです。

 

骨盤が後ろに傾いているとバランスを取るために頭を前にします。

 

そして前に移動した頭を支えるために腰の筋肉を一日中使ってその結果腰痛になるのです。

 

骨盤を垂直に立てて過ごしてください。

 

骨盤を垂直に立てて過ごすやり方

 

特に座っている時に意識して下さい。

この確認を頻繁にして頭の位置が骨盤の上に常にくるようにすれば腰痛は短時間で改善する事が出来ます。

 

当院の治療法DRTとは?

 

 

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る