肩のこり、強もみしたら、、、|西船橋で頭痛、肩こり、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ※日曜日・祝日は18:00までの診療

    ブログ更新中!

院長ブログ

肩のこり、強もみしたら、、、

本日は

「首肩こりが何をしても治らないんです。」

という方が来院されました。

 

整骨院に行ったりリハビリしたりしたけどなかなか改善しなかったそうです。

毎朝毎晩自分でストレッチしてもほとんど効果が出なかったそうです。

 

だからどうしても辛いときだけマッサージ店で揉んでもらうそうです。

 

最初の触診でかなりのカチカチ度でした。

 

「これ痛くないですか?」

「何も感じません」

「もしかして強もみが好きですか?」

「はい。背中なんて足で踏んでもらっています」

 

何故強もみ好きが分かったのかというと

普通の痛みに鈍感だから

です。

 

私は普通の人なら

「痛たたた」

と言うくらいの強さで触るようにしています。

この痛みが感じなくなっているのは常日頃からもっと強い刺激に慣れてしまっているからなんです。

それは強もみを受けるのが日常的という事です。

※例外的に安定剤などの薬を毎日服用している方も同じ感じになります。

 

そして揉んでいるのに何故カチカチ度が高いのかと言うと

強くもめばもむ程硬くなるからです。

 

脚気(かっけ)の検査をご存知ですか?

膝小僧の下をポンと叩くと曲がった膝が伸びるやつです。

 

これはどう言う反応かと言うと、急に膝の腱を叩かれると神経が

「このままじゃスジが切れるから縮め!」

と筋肉に命令をだしているのです。

 

これと同じで、強もみはすごく強い圧で押すので

「このままじゃスジが切れる!」

と神経に思われているのです。

 

神経から

「力を入れてカチカチにして防げ!」

と命令が出るのです。

 

だから強もみを定期的に受けると筋肉が逆にカチカチになるのです。

 

ではこの方の場合何が根本解決になるのでしょう?

 

それは

背骨の矯正を受けてその後の良好な状態をキープする

事です。

 

肩こりの発症は

  1. 背骨が歪む
  2. それ以上悪くならないように周りの筋肉で固める
  3. これを肩で感じたのが肩こり

の順番です。

 

これはご自身に固めているつもりはなくても、脳が背骨の中にある重要器官である脊髄を守るために自動でしている事なので自覚はありません。

 

この理論から言うと、肩こりは背骨が歪んだ結果の症状であるので肩こりを揉んでも治すことはできない事になります。

 

肩こりの発症の第一原因が「背骨の歪み」なのですからこれを治すのが根本解決になります。

 

当院の治療法DRTとは?

 

でも背骨が歪む原因は何でしょう?

 

それは姿勢が悪いからです。

せっかく背骨の矯正を受けて真っ直ぐになったとしても、家に帰って、また仕事で座っているときの姿勢が、足を組んでいたり、腰を落としてだらしなく座っていたら意味がありません。

 

特に座り姿勢に気をつけましょう。

 

良い姿勢とは?

 

 

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る