毎日が恐怖で動けない、、、|西船橋で頭痛、肩こり、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ※日曜日・祝日は18:00までの診療

    ブログ毎日更新中!

不眠、うつ、不安感

毎日が恐怖で動けない、、、

ここ数年間「毎日恐怖で動けない」と言う方がいます。

 

「何が怖いのですか?」

と尋ねると

「色々ありますがとにかく毎日怖いんです」

と言われました。

 

言い換えてしまうと

漠然とした恐怖

と言うことです。

 

何が怖いかも良くわからない状態です。

でも毎日この恐怖で動くことすらできないそうです。

寝る前にもこの恐怖感が出ると明け方まで寝られないそうです。

 

この恐怖感とはいったい何なのでしょう?

 

この恐怖感の正体は

心臓の弱さから来ているのです。

 

このブログでも度々書いていますがどうやら

不安感、不安症と同じ症状

です。

 

不安症がより一層強く出ている状態と捉えています。

 

この方はまだ十代なのですが、この状態になってから外にほとんど出られずに家にずっといるそうです。

 

家でずっと座っているので物凄く背中が丸くなっていました。

私からみても70代の背骨といっても過言ではありませんでした。

 

この恐怖感はどうしたら改善出来るのでしょうか?

 

「外に出ることは出来ますか?」

「無理です」

「定期的に治療は通えそうですか?」

「多分出来ません」

「私が出す宿題を頑張れますか?」

「わかりません」

 

こんな感じでした。

 

わたしはいつも背骨の状態を採点しているのですが、最初に来た時は60点でしたが2回目は65点でした。

 

「頑張ってるじゃないですか」

「なんとかやってます」

と褒められて少し嬉しそうでした。

 

気力もほとんど出ない状態なので前回よりも少しでも良ければいいと思います。

 

それから2週間ほど立ちましたが、お母さんから

「息子が今日は今までで1番調子が良いと驚いてました」

との報告を受けました。

姿勢を家でも頑張っているみたいです。

 

まだまた先は長いですが、一つの答えは獲得できました。

やはりこの恐怖感は心臓の自律神経由来である

と言う事です。

 

私が背骨の治療をしてその上で出している宿題は「良い姿勢のキープ」です。

 

背骨の矯正とその矯正後の良好な状態を良い姿勢でキープすると心臓の自律神経の状態がとても良くなります。

 

不安感、不安症は心臓の自律神経が弱くなって心臓の元気がなくなったために出ています。

 

今回の恐怖感も同じと考えて不安感、不安症と同じ治療をしたところ良い結果が出たのでこれも心臓の症状と捉えて良いかと思います。

 

またまだ先は長いと思いますが、恐怖感が減ってきたら外に出る時間を長くしたり、治療にくる回数を増やしたり、家族以外の人と会ったり、日常を少しづつ取り戻していけば良いと思います。

 

目標は来年から大学に通う事だそうです。

地道に、しかし効果的なことに取り組んでいきましょう。

 

当院の治療法DRTとは?

良い姿勢のとり方とは?

 

 

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る