膝の痛みの改善方法|西船橋で頭痛、肩こり、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

      ブログ毎日更新中!

船橋市の自律神経失調症専門整体
  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ※日曜日・祝日は18:00までの診療

    ブログ毎日更新中!

肩、膝、股関節の痛み

膝の痛みの改善方法

膝が痛い方も多く来院されます。

私も昔は膝の関節の調整を行なっていました。

捻ったり、押し込んだら、引っ張ったり、ゆらゆらと動きをつけてみたり、、、

 

今は全部やめてしまいました。

それは何故かというと、あまり効果がなかったからなんです。

 

良くなる人ももちろんいましたが、効果がなかったり、その効果が持続的でなかったり。

 

今流行りのSDGSの「持続可能な」が出来なく、その効果が一時的だったからやめたのです。

 

それでは今はどうやって膝の痛みを改善させているのでしょうか?

 

膝の痛みの改善方法

その①背骨の矯正

 

背骨の矯正です。

膝は検査の時に少しだけ触りますが治療はしません。

 

「そんなことで治るの??」

と言われそうですね。

恐らく治療に携わっている人でも「?」がつくと思います。

私だって15年くらい膝の矯正をしていましたから。

 

でも、背骨の矯正だけで膝の痛みのほとんどがなくなります。

 

それは何故かというと、膝の大元が腰の神経だからです。

 

今までの膝の矯正が効果がなかったり、効果が持続的でなかったりしたのは、大元である腰の神経を整えていなかったからなのです。

 

膝の元栓が腰にあると思ってください。

元栓が締まったまま蛇口捻っても効果的ではありませんよね?

その元栓を開けるのが背骨の矯正と言うことです。

 

当院の矯正法DRTについて

 

 

膝の痛みの改善方法

その②座り姿勢

 

 

「膝はどうすると痛いですか?」

「立つ時に痛みます」

と良く言われます。

 

これは立つ時に荷重が膝にかかる、、、、からではなく座り姿勢が悪いためです。

 

腰が痛い方も立つ時が痛いと言います。

これも座り姿勢が悪いためです。

 

背中を丸めて座っていて、立ち上がる時に急に背中を伸ばす時に痛みが出るのです。

 

それならそもそも丸めて座らなければ良いのです。

きちんと座っていると立つ時に膝が痛くないのです。

 

きちんと座る方法(動画もあります)

 

 

膝の痛みの改善方法

その③冷やす

 

 

温めている人は多いと思いますが、冷やしている人はいないと思います。

 

「え!冷やして良いの?!」

 

これは全ての膝の痛みに対して効果的とは言いません。

特に上記の方法を徹底しているのに、相変わらず痛みがある方が対象です。

 

そして自分で膝を触ってみて触った箇所が痛かったり、熱っぽかったりしたら冷やしてみて下さい。

 

要は炎症していると言うことです。

 

冷やし方は1時間に20分くらい、やや溶けかけの氷で冷やします。

タオルに包まず直接冷やします。

※アイスノンや保冷剤は使わないでください。(マイナス5度くらいに冷えているので凍傷になります)

 

 

膝の痛みの改善方法

その④歩く

 

痛い人は痛みがある程度良くなってからにしてください。

痛いのに庇って歩いていると余計に背骨が歪んで悪化します。

 

歩くと膝の関節が潤うだけでなく、腰を含めた背骨の動きも活発になり

元気になります。

 

歩いている人は元気で丈夫です。

歩けるようになったら歩いてください。

 

 

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る