めまいを最短で改善する五つの方法|西船橋で頭痛、肩こり、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

船橋市の自律神経失調症専門整体
  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ※日曜日は18:00までの診療

院長ブログ

めまいを最短で改善する五つの方法

めまいで悩む方も多くいます

めまいの原因とは何でしょう?

めまいで当院に来る方は病院で何らかの検査を受けてくる方が多いです。

 

病院では、

「特に異常は見当たらないです」

と言われる方がほとんどです。

 

また

「三半規管のここが少しおかしいです」

と言われる方もいます。

そしてなぜおかしくなったのかを聞くと

「生まれつきでしょう」

と言われる方も少なくはないです。

 

私見ですが生まれつきなら子供の頃からめまいが出ていてもおかしくはないと思います。

でもめまいが出だしたのは最近とのことですからやはり他に原因があるものと推測されます。

 

さて、めまいを最短で改善する方法があるとするならその原因を見つけ出さなければなりません。

薬で治るのならそれでもいいかもしれませんが、大抵の場合は効かなかったり、効いても一時的だったりします。

薬は根本解決にはならないのです。

 

めまいの原因その①

ストレートネック

耳に異常がない場合、そのほかの何処かが悪くなって三半規管に影響を与えていると考えます。

 

その代表格が耳のすぐ下の首です。

そして首の状態異常の代表格がストレートネックです。

 

ストレートネックとは首のたわみ(わん曲)が消失して真っ直ぐな棒状になっている状態のことを言います。

 

「なんか真っ直ぐなんだから良いのでは?」

と感じるかもしれませんがたわんだ状態と真っ直ぐな状態では何が違うかというと、真っ直ぐな状態は

首が伸びた状態

です。

物理的な距離が長くなっているのです。

 

首が長くなるとそこを通る筋肉や血管、リンパなども常に引っ張られている状態なのです。

 

ゴムチューブを想像してみてください。

引っ張ると細くなりますよね?

細いとその中に流れる水の量は減りますよね。

 

それと同じことが首でも言えます。

ストレートネックだと血管やリンパ管などが引っ張られているので細くなり耳に流れ込むであろうリンパ液などにも影響が出ます。

 

その状態が長く続くと三半規管に影響が出てめまいにつながるのです。

 

めまいの原因その②

背骨、骨盤の歪み

 

首が原因とお伝えしましたが、首は骨盤、背骨の上にあります。

骨盤や背骨がガタガタなのに首だけ正常な状態にすることはできません。

 

言い換えると

土台が傾いている

のにそれを無視して屋根だけ修理する事はできないという事です。

 

めまいの原因その③

 

これは

朝起きる時からめまいがする。

という方に当てはまる原因です。

 

普通の人は

「朝はいいけど昼から夕方にかけてめまいが悪くなる」

事が多いです。

 

これと違って「朝起きた時から」なのは

枕が合わない

からなのです。

 

 

 

めまいを最短で改善する五つの方法その①

 

ストレートネックの改善

 

伸びきった首であるストレートネックと同じ状態とは?

 

それは、、、

下を向いた時と同じ

なのです。

 

今風に言えば

スマホ首

です。

 

下を向くと首のたわみ(わん曲)がなくなり、その状態が長く続くとその状態で固まりストレートネックになるのです。

 

要は下を向かなければ良いのです。

 

スマホを見る時はスマホをなるべく目線に上げてみてください。

パソコン作業が多い方はパソコンをの下に箱などを入れて5センチくらいあげるとだいぶ楽になります。

下を向かない工夫をしてみて下さい。

 

 

めまいを最短で改善する五つの方法その②

 

良い姿勢になる

 

前述した様に首を良くするためには骨盤、背骨をよくしなければなりません。

背骨、骨盤を良くするためには良い姿勢になる事がとても大切です。

 

特に座り姿勢が重要です。

デスクワークの方はもちろん、主婦の方も1日で多い姿勢が座り姿勢だからです。

良い姿勢とは果たして胸を張った姿勢の事を言うのでしょうか?

 

姿勢なら気をつけている方もいますが、めまいが治らないのでしたらその姿勢は間違いかもしれません。

 

当院が指導する良い姿勢とは?

 

 

 

めまいが最短で改善する五つの方法その③

 

枕を見直す

 

これは朝起きた時からめまいが出る方向けです。

枕は高すぎていませんか?

高すぎると一晩中下を向いているのと同じ状態になります。

寝ている間にストレートネックになってしまうのです。

 

同じく首の部分が低すぎて支えが少ないとやはり寝ている間にストレートネックになります。

 

高すぎる枕はやめましょう。

高くない枕なら首の部分にタオルを縦、横一回づつたたんで入れてみて首と頭を乗せてみてください。

「この方が楽」

と感じたらそっちの方が良いです。

 

また二枚乗っけた方が楽なら二枚が正解です。

楽か楽じゃないかで枕をカスタマイズしてみてください。

 

 

めまいが最短で改善する五つの方法その④

 

歩く

 

歩くと自律神経が整います。

お医者さんもネットでもあまり言われたないかもしれません。

でも当院の患者さんの多くが

「なんか歩くと楽」

って言います。

 

お勧めは細切れではなく

連続で30分以上

です。

 

歩きはじめは腰骨盤あたりしか動きがなくても、15分、20分と歩くとだんだん背骨の上の方まで動いてきます。

 

やはり硬いより柔らかい方が良いですから柔らかくなれば楽になります。

歩きすぎておかしくなった方は今のところいませんので1時間でも2時間でも好きに歩いてください。

 

 

めまいが最短で改善する五つの方法その⑤

 

良い矯正を受ける

 

曲がったままの背骨で上記四つを行うより

まずは良い矯正を受けて

背骨を良好な状態にする事で最短で最良の結果を生み出します。

 

当院の矯正方DRTについて

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る