逆流性食道炎はどうやったら治る?|西船橋で頭痛、肩こり、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前9:00~12:00  午後15:00~21:00

                               

    ※水曜日定休

院長ブログ

逆流性食道炎はどうやったら治る?

ここのところ逆流性食道炎の方が多く来院されています。

一昔前はあまりいなかった逆流性食道炎ですが、食の欧米化などが原因で現代では増加傾向のようです。

 

とは言え当院にいらっゃる頃には、病院で診察を受けて、食事の指導も受けて来院するので脂っこい食べ物を食べるとか、コーヒーをやたら飲むと言った偏った食事をしている方はほとんどいません。

 

だから、ほとんどの方が正しい食生活を送っています。

では、何故逆流性食道炎が治らないのでしょうか?

日本の病院ではほとんど指導されていないその根本とは、、、?

 

実は「姿勢」です。

 

なんだと思うかもしれませんが姿勢なんです。

アメリカの病院では逆流性食道炎でかかるとお医者さんから姿勢を良くするように言われるそうです。

 

日本の病院では炎症を止める薬が処方されるくらいですよね。

でもそれは出ている症状を抑えているだけで治しているわけではありません。

今のところ逆流性食道炎を治す薬は発売されていないようです。

 

逆流性食道炎の大きな原因の1つが猫背です。

背骨がずれて食道や胃の自律神経の出が悪くなるのと、お腹の圧迫による胃の位置の異常です。

 

背中を伸ばして食生活を変えればなおります。

とは言えなかなか一人で治すのは難しいですね。

背中を伸ばして良い姿勢をとるのは一見簡単なようですが長く続けるのはなかなか困難です。

 

オススメは背骨の矯正を受ける事です。

当院では治療前と治療後の姿勢を確認していますが、治療後は私が何も言わなくてもほとんどの方が姿勢が良くなっています。

 

そして大切なのがこの背骨が整った良好な状態をキープすることです。

そうすれば胃の圧迫や自律神経の弱さがなくなります。

あとは寝たら治ります。

 

逆流性食道炎も擦り傷と同じように治ります。

「そんなバカな」

と思うかもしれませんが体の治るシステムは全て同じです。

擦り傷が治るのも逆流性食道炎が治るのも同じ「自然治癒力」によるものです。

 

逆流性食道炎でお困りの方は背骨の矯正を受けて良い姿勢のキープを行なってください。

 

当院の矯正法DRTとは?

良い姿勢のキープの方法とは?

LINEからもお問い合わせができます。

自律神経専門整体

にしふなリセット整骨院

柔道整復師   宮島信広

273-0025

千葉県船橋市印内町672-2LEO26番館一階

047-404-6153

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る