西船橋で頭痛、肩こり、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~21:00

                               

    ※水曜日定休

院長ブログ

頭鳴りとは

頭から音がする。

脳の中から音が聞こえる。

そんなことで悩んでいませんか?

 

俗に言う頭鳴り脳鳴りとはなんでしょう?

耳鳴りと何が違うのでしょうか?

本当に頭の中から音が鳴っているのでしょうか?

 

辞書によると頭の中で何か音がするように感じられること

とあります。

ここには、感じられる事と書いてあります。

 

実際には、頭の中でなっているわけではありません。

そして他人にも全く聞こえません。

 

そういう意味では、頭鳴りも脳鳴りも耳鳴りとほとんど変わりはありません。

 

だから頭の中で音が鳴っている!

って驚かなくてもいいし落ち込まなくてもいいのです。

 

頭鳴り、脳鳴りとは一体なんなんでしょうか?

 

ほとんどの頭鳴りはその原因が不明です。

ごく一部、脳の障害などで起こっている場合もあるので、油断せずお医者さんの診断を仰ぐことも大事です。

 

でも、ほとんどの耳鳴り、頭鳴りの方はお医者さんから「異常なし」といわれてしまします。

異常なしという事は「病気ではないですよ」と言われたと思ってください。

脳や三半規管には病状はなかったという事です。

レントゲンや、MRIなどの先端画像診断を使ってもやはり「異常なし」の方が圧倒的に多いです。

でも症状は出ている。

今日も頭の中で「キーン」と鳴っている。

 

病気でなければ何でしょうか?

何だと思いますか?

答えは・・・

 

体調不良です。

 

私の見解では頭鳴りは耳鳴りが進んでしまったものです。

頭鳴りの方に聞くと

「以前は右の耳鳴りだけだった」

とか

「最近両方から耳鳴りがしだしていた」

そして

「最近頭の中が鳴り出した」

と言った感じです。

 

スピーカーって左右あるじゃないですか。

右からだけ音を鳴らすと右から聞こえます。

同じく左からだけ音を鳴らすと左から聞こえます。

でも左右同時に音を鳴らすとどうなるでしょうか?

真ん中に立って聞くと真ん中から音が鳴っているように聞こえますよね。

頭鳴りもこれと同じ原理です。

 

右耳からしか耳鳴りが鳴っていないと右の耳鳴りですが、左からもほぼ同じ耳鳴りが鳴り始めると、ちょうど頭の中でなっているように聞こえるのです。

 

というのは私の経験上の仮説です。

スピーカーみたいに実際に音が鳴っているわけではないので科学的な証明はできませんから。

 

しかし、前述したように最初は右からしか聞こえていなかった耳鳴りが、左からも聞こえる様になってしばらくすると頭の中から頭鳴りが始まったという方がいます。

 

治るときは逆に

「最近頭鳴りは治ってきたけど右の耳鳴りになったよ」

という現象が起きます。

 

伺うとそもそもは右の耳鳴りだけだったという事です。

頭鳴りは耳鳴りがひどく、進んでしまった症状と言えると思います。

 

では何故耳鳴りが進んでしまうのでしょうか?

これは前述しましたが、体調が悪いからです。

 

耳鳴りをはじめとする自律神経失調症は自律神経のバランスが悪くなって発症します。

自律神経は身体を管理しています。

その自律神経のバランスが悪くなるという事は脳が身体を管理しきれていないことになります。

 

身体を管理しきれないという事は寝ている間に体の修復がきちんとなされないという事です。

身体が治らなければ体調は悪くなります。

 

その結果耳鳴りが進んで頭鳴りにまで発展してしまうのです。

 

 

では、どうすれば頭鳴りが改善するのでしょうか?

 

体全体を見る

 

耳鳴りだから耳を見る。

頭鳴りだから頭を・・・

って病院で検査したけどわからなかったんです。

耳が・・・

頭が・・・

って言ってもそこに答えはほとんどありません。

もうこれ以上検査を受けなくてもいいのではないでしょうか。

 

前述しましたが、体調が悪くて耳鳴りが進んでしまったのが頭鳴りです。

これ以上進ませないようにするには体調をよくするのが一番確実です。

 

「そんなに体調は悪くないんだけど・・・」

とおっしゃる方もいます。

では逆に聞きますが

「絶好調ですか?」

間違いなく

「絶好調ではない」

「調子はいいわけではない」

と言われます。

 

もっと細かく聞くと

「寝て起きたらスッキリしていますか?」

と聞くとほとんど全員の方が

「最近はあまりすっきりと起きられないかな・・・」

と答えます。

 

人間は寝ている間に修復されて治るシステムなのです。

だから一番スッキリしているのは本来ならば朝なのです。

朝スッキリしていないという事は寝ている間に修復されていないのです。

自覚はしていないですが、体調はあまり良くはないのです。

 

耳鳴りも頭鳴りもよく眠れているなら、寝て起きるごとにだんだんと良くなっていくのが普通なのです。

だんだんと悪くなって耳鳴りが頭鳴りに変わってしまったという事は体調が悪くて寝ても寝ても治らない体になっているという事なのです。

 

寝たら治る体になってくるとだんだんと頭鳴りが小さくなって、元の耳鳴りに戻ります。

そしてその耳鳴りもだんだんと小さくなってきます。

 

体全体を見ることが大切です。

耳や頭には異常がないと言われたんですから。

でもどこに異常があるか体中探と言っているわけではありません。

 

ただの体調不良と考えて下さい。

体調不良の治し方ってわかりますか?

 

頭とか耳とか部分をよくすると体調がアップする感じしますか?

そうではなく体全体を見ることが大切です。

 

お腹の具合はどうだろう。

足先は冷えていないかな?

肩はこっていないか?

手は以前よりも冷たくなっていないか?

 

などいろいろチェックしてみてください。

自分の身体に興味を持ちどうなっているか確認してください。

 

実は頭鳴りや耳鳴りを含めて症状というものは身体に

「もっと体を大事に使って」

と言われているのです。

 

身体を大事に使いましょう。

 

具体的改善策

 

当院では耳のツボを教えるとか頭のツボを教えるとかは一切していません。

それで治ってもすぐに戻ってしまうからです。

もっと根本的なことが改善できるようにしています。

 

改善策その①良い姿勢をとる

良い姿勢をとる事と頭鳴りを治すことが一致するように思えないかもしれませんが、これが一番効果が高いです。

 

良い姿勢をとるという事は背骨の安定を図るという事です。

自律神経は背骨の中を通っています。

背骨を安定させるという事は自律神経を安定させると同じことなのです。

身体を治すのは自律神経なので良い姿勢をとる事で治りやすい体を作ることにつながります。

世の中色々な健康法がありますが、人によって効き方がまちまちです。

それは何故かというと背骨が整っているかそうではないかという事なのです。

 

背骨が整っていない方が体操やリハビリなどをしてもほとんど効果がありません。

逆に身体を壊している方もいます。

 

分かりやすい方で言うと五十肩の痛みで来ている方は、背骨が整っていないのに病院でリハビリを1年以上していたけどほとんど効果がなかったんですが、当院で背骨の矯正と良い姿勢の指導をするとリハビリなんかしなくてもどんどん腕が上がってきます。

 

どんな症状でもまずは姿勢を良くしてみてください。

そのうえで、効果があるよって勧められたことをしてみてください。

今まで全く効かなかった体操やツボ押しなどが思いのほか効くようになっているかもしれません。

 

良い姿勢の取り方は下記ブログを参照してください。

良い姿勢とは

 

一つ先にお伝えしますがこの良い姿勢はとっても単純ですが、効果は絶大です。

ただ、単純だけど簡単ではありません。

というのも今まで使っていなかった筋肉を使って今までしたことのないことをやるわけです。

 

だから結構きついのです。

でも毎日少しでもいいのでしてみてください。

赤ちゃんも急に立って歩けるわけではありませんよね。

 

転んでもうまく立てなくても赤ちゃんはあきらめないですよね(笑)

良い姿勢もあきらめないで毎日少しでもしていると近いうちに必ずできるようになります。

頑張ってください。

 

改善策その2・良い姿勢ができるようになったら歩きましょう。

 

「最近歩いていますか?」

と聞くとほとんどの方が

「あまり歩いていない」

もしくは

「買い物の時歩いている」

です。

 

連続で30分以上歩いているかというとほとんどの方が歩いていません。

歩くというのは人間の基本です。

歩かなくなった人がどうなっているか考えてみてください。

寝たきりになっています。

寝たら治るはずなのに寝ても治っていません。

それは背骨のズレもあるのですが、歩かなくなったからです。

 

歩いているけど調子があまり良くないという方もいます。

毎日せっせと歩いているけど膝が痛い・・・腰が痛い・・・よく眠れない・・・

という方は背骨がズレている状態で歩いているからです。

 

良い姿勢でせっせと歩いてください。

今まであまり歩いていない方は10分からでもいいので歩き始めてください。

目標は43分連続で歩くことです。

当院の頭鳴り出来ている方も、最初は自律神経失調症が進んで不安感や動悸等も併発して

「治るのか毎日不安です」

と言っていましたが、背骨の治療と毎日の歩行で凄く改善しました。

 

「歩いているとすごく気持ちが良いのね」

とおっしゃっています。

 

そうなんです。

きちんとした歩行は気持ちが良いのです。

 

あまり気持ちが良くなく辛いだけという方は背骨がズレているから辛いのです。

まずは良い姿勢を頑張ってください。

そうすると歩くのが段々気持ち良くなってきます。

 

先ほども言いましたが最初は無理をしないでください。

歩けない方は10分でもいいです。

2週間後に15分に出来たらすごいです。

 

無理をせずに続けてください。

良い姿勢と歩行は死ぬまで続けていくものです。

人間として生きて、人間として死ぬためにはこの良い姿勢と歩行は絶対に欠かせません。

 

この写真面白いですよね。

というか少し怖くもあります。

年を取って姿勢が悪くなるとこのように北京原人に退化してしまうんです。

 

年をとる事が退化ではなく、姿勢が悪くなることが退化と言えると思います。

現代人の背骨の形は歩くために進化したと言われています。

背骨を直立させて歩くという事は人間の根本なのです。

 

遅すぎるということはありません。

ぜひ今日から始めてみてください。

気持ちが良いですよ。

 

本日も最後までブログを読んでいただいて本当にありがとうございます。

 

ホームページトップ

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る