屈むと腰が痛い|西船橋で頭痛、肩こり、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ※日曜日は18:00までの診療
    ※水曜日、木曜日定休

院長ブログ

屈むと腰が痛い

屈むと腰が痛い方はどうすればいいと思いますか?

 

私の答えは・・・

 

 

「屈まないでください。」

です。

 

そんな答えずるい!

って言われそうですね(笑)

 

 

でも全然ずるくないです。

それが身体を守るためです。

 

 

痛みは皆さん的だと思っている方が多いと思いますが、体が必要あって出しているだけです。

屈んで痛い場合は身体に

「屈まないで!」

と言われているのです。

 

もっと詳しく言うと顕微鏡レベルで見るともしかしたら小さな傷がついているのかもしれません。

その傷が屈むたびにいちいち伸ばされて開いてしまうから屈まないでと言われているのです。

 

 

身体が治す為に痛みを出しているというわけです。

 

 

「こうやって屈むと痛むんだよね」

とわざわざやってみる方がいますが傷口が開くだけですのでやらないでください。

 

 

私は

「ここ1週間徹底して屈まないでください。そしたら治りますから」

とお伝えしています。

 

すると大体言われることが

「下のもの取れないですよ」

ですが腰を使わないで脚を使って下さい。

 

 

足で引っ掛けて…と言うわけではないですよ(笑)

 

 

毎回しゃがんで取ってください。

こうではなく

 

こうです。

 

スリッパみたいに軽いものをとるときが一番要注意です。

軽いから油断して不意に屈んでしまうと腰を痛めます。

どんな時でも脚を使う癖をつけてください。

 

 

これやっているとたぶん脚が筋肉痛になると思います。

でも気にしないでください。

 

 

日常生活の中でスクワットをしているんだと思ってください。

これやっていればわざわざスクワットをしなくても良いですし腰も治るから一石二鳥ですよ。

 

 

ちゃんとやれているかどうかは腰が痛いか痛くないかで判定できます。

痛みって実は便利な目印なんです。

 

ぜひ試してください。

当院の治療法DRTとは?

良い姿勢のキープの仕方とは?

LINEからもご予約できます。

にしふなリセット整骨院

273-0025

千葉県船橋市印内町672-2LEOGARDEN26番館101

047-404-6153

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る