• LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~21:00

    ※水曜日定休

院長ブログ

腰痛ベルトは必要か❓

「腰痛ベルトないんですか❓」

たまに当院でも聞かれます。

当院では扱っていません。

何故なら、特に市販されたものは万人向けで効果があまり感じられないからです。

これをお金出して買ってもらうならその分私の治療を受けてもらったほうが良いな

という感じで取り扱いをやめてしまいました。

サラシを巻いてもらうと凄く楽でした。

昔腰を痛めた時にベテランの先輩にサラシをガッチリ巻いてもらうと安定して楽になり仕事ができるようになりました。

ただ、股関節から胸の近くまで強力に巻くのでトイレでしゃがめません。用を足してもお尻に手が届きません。

椅子に普通に座れないのでヘリにチョコンと座るだけです。

階段で足を上げるのがとてもシンドイです。

平地も普通に歩けません。

締め付けが強力なので皮膚の血流が悪くなりところどころ赤く鬱血してとてもかゆくなります。

私の経験上そのくらいしてその場は楽になるのかなという感じです。

あと、自分で巻いたり下手な人に巻いてもらったりすると効果がない割に鬱血する場所が多くなります。

でも締め付けるという事は治りを悪くすると言う事です。

サラシを取った瞬間体がホッとします。

締め付けられた事により滞っていた血流や神経が流れていくのがわかります。

体を治すのに必要なのは血流や神経の流れを良くする事です。

悪い所を治すのは脳であり、その力を患部に作用させるのが神経や血流なので締め付けて流れを悪くしている間は治りも悪くなっています。

では、急に腰痛になってしまったらどうするか❓

腰痛ベルトをつけて楽ならつけて下さい。

でも、せいぜい3日位を限度にしてください。後の治りが悪くなります。

つけても痛みに変化がない場合は使わないでください。

慢性腰痛にはベルトは使わないようにしてください。

そして、なるべく早めに適切な治療を受けて根本解決をはかりましょう。

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る