• LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~21:00

    ※水曜日定休

院長ブログ

自律神経失調症 胃の痛み

胃の痛み、胃もたれ、吐き気

胃に限らず内臓は自律神経により制御されています。

自律神経の働きが悪くなると胃の動きも悪くなります。

病院ではなんともないと言われた。

レントゲンや胃カメラまで検査しても異常は見つからない人もいます。

その場合は胃の「動き」が悪くなっているのかもしれません。

病院の検査ではほとんどの場合、動きを調べる検査はしません。

形、腫れ、出血、血液検査などなど、、、

自律神経の働きが悪くなり、最初に出るのは動きの悪さです。

だから、検査しても異常がない場合はこれ以上悪くしないためにも自律神経の働きを高めて胃の動きを正常に戻してあげれば良いのです。

胃の自律神経は脳と背骨から来ています。

背骨の矯正、頭蓋骨の矯正で自律神経が整い、ほとんどの胃の動きは回復します。
病院で異常なし、または病院にかかっても変化がないかたはぜひ一度自律神経失調症整体をお受け下さい。

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る