• LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~21:00

    ※水曜日定休

院長ブログ

低体温症

 

どうやったら体温が上がるのか?

 

体温の上げ方は

・暖かい飲み物(紅茶など発酵が進んだもの)を摂る。

・冬でも夏でも湯船に浸かることを習慣化する。

・下半身を冷やさない(特にお腹)。

・生姜やにんにくなどを積極的に摂る。

などなど。

他にも色々とあると思います。

今回は脳の「セットポイント」について述べさせて頂きたいと思います。

背骨の矯正をするとほとんどの方は「体が暖かくなりました」とおっしゃいます。

でもたまに

 

「治療してもらったら寒くなりました」

 

と言われます。

どういう事でしょうか?

今の体温を決めているのは実は最終的には脳なのです。

重要な臓器の温度をこれ以上下げないためだったり、今必要性が低い箇所に体温を回さないようにして体温をコントロールしています。

治療をさせて頂くと、毛細血管や神経の流れが良くなり体温が上がってきます。

これとは少し別の反応で上がる方がいます。

それは「脳が急に目覚める」です。

体温が35度の方が治療する事により、脳が目覚めて今まで35度じゃあダメだ。36度にしよう❗️と決めると現状の35度の体温だと寒気がするのです。

実はこの反応の方が体温が上がるのが早いです。
どっちの反応が出るかは脳が決めるのでわかりませんが、少なくとも35度台の方はお早めの受診をオススメしますm(_ _)m

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る