• LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~21:00

    ※水曜日定休

院長ブログ

心臓の疲れ

心臓って疲れるの❓

どうやら疲れるみたいです。

24時間休みなく働いているんですものね。

でも、それだけでは疲れないです。

プラスαで疲れちゃうんです。

  • 不安やイライラ
  • ストレスによる過刺激
  • 天候
  • 姿勢の悪さ
  • 立ちっぱなし、座りっぱなしが長い
  • 筋肉の衰え
  • 冷え

などなど…
症状は主に左側に出ます。
肩こり、手のしびれ、足のしびれ、全体の疲れ、主に顔のむくみなどなど。
心筋梗塞、狭心症の時は左側に腕に激痛が走りますが、そんな大したことでなくても心臓由来の症状は出ます。
この前来た方は、左足のしびれでしたが、このしびれ、心臓由来でした。

心臓の治療をしたら足のしびれも良くなりました。

もちろん、健康診断では問題ない方です。

心臓に負担をかけないためにはどうすれば良いのか?

1.良い姿勢をとる。
心臓の自律神経は胸椎1番から出ます。この骨になるべく負担をかけない姿勢を心がけましょう(良い姿勢ブログ参照)

2.足をよく使う。

ふくらはぎは心臓の友達で、この人がサボりだすと心臓さんが苦労します。

だから、よく歩きましょう。

心臓は肩こりを引き起こしやすいですが、肉体労働の方よりも、デスクワークの方のほうが肩こりが多いのは心臓に負担がかかって、循環不良を起こしていることもあります。
帰りに時間の余裕がある時は一駅歩いてみてはいかかでしょうか?

肩こりも軽減しますよ。

あと、座り続けの人は、行儀が悪いけどビンボーユスリとかもゆうこうですよ。

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る