• LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~21:00

    ※水曜日定休

院長ブログ

起立性調節障害

鬱と診断された女子中学生。


「先生のとこは鬱も診れるんですか?」
聞くと受験生で、学校に行きたくないと言っているらしい。

でも、まだ中学生だから薬を飲みたくはない。
で翌日の夜に連れてきてもらいました。

でも、あれ?って思いました。

なぜかと言うと、入ってきた感じが鬱っぽくないからです。

鬱の方って、表情がないし、声も力無いし、目もどこ見ているかわからない感じだし、しばらく一緒にいると大体わかります。

でも、この女の子は、表情は明るいし、声も通るし、目線もしっかり合いました。
しばらく話を聞いていると、学校は楽しいから行きたいとの事。

でも、朝がだるくて起きられないと言っているだけだという事でした。

この症状は「起立性調節障害」だと思いました。

起立性調節障害の主な症状

  • 朝起きられない。
  • 午前中の倦怠感。
  • 朝食が摂れない。
  • 特に午前中のたちくらみ。
  • 特に午前中の頭痛。
  • 特に午前中のイライラ、精神不安定

などです。

別名を起立性低血圧とも言います。自律神経失調症のひとつで、特に午前中の血圧のコントロールがうまくいかない為に上記の様な症状が出てしまいます。

思春期の小中学生の10パーセント(特に女子)に見受けられます。

自律神経失調症は体の状態を整えれば治ります。

お子さんがこのような起立性調節障害の症状で悩んでいるのなら、手先、足先を触ってみて下さい。

冷たくなっていませんか?

体温はどうですか?

シャワーで済ませてないですか?

冷たいものばかり摂っていませんか?

夜遅くまでスマホの画面を見ていませんか?
まずは体温が少しでも上がる生活をしてみて下さい。

当院の治療も自律神経失調症の改善に自信があります。

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る