• LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~21:00

    ※水曜日定休

院長ブログ

首を揉むのは危険⁉️

首がこったからって首をグイグイ揉むと後で調子悪くなります。

あと、首の骨をバキバキ鳴らされてから頭痛が止まらないという方もいます。
果たして、首を直接触ることは良いのでしょうか?

首は皆さんが思っているよりもずっとデリケート。


体の中でも細い首には、体の全ての神経が通っています。
首の骨の4番目から上が骨折したら息の根が止まってしまいます。

そんな恐ろしい事でなくても、少し強めの刺激が加わるだけで、自律神経のバランスが乱れて、不眠、頭痛、食欲不振、ほてりなど様々な自律神経失調症の症状が出ます。
強く揉んだり揉まれたり、交通事故にあってムチウチになったりすると吐き気がでたり、調子が悪くなったりするのは、首を悪くして首を通る自律神経にバランスに悪影響を与えてしまったからです。

だから、首は揉んではいけないのです。


では、首がこったらどうすれば良いのでしょうか?
首の付け根の後頭部を中指で軽く触って合谷押し

 
この様にただ、触る程度でも1、2分で緩みます。

触る場所はこっている場所ですが、手のひらで全体的に触っても良いです。

当院の治療(DRT矯正)は背中から腰、骨盤を優しく矯正する事によって、首のズレを治します。

優しく安全な治療法なので安心してお受け下さい。

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る