• LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ※日曜日は18:00までの診療
    ※水曜日、木曜日定休

院長ブログ

鬱など精神疾患

鬱、パニック障害、統合失調など、出来れば薬を使わないで改善したい。


そんな方多いです。そして、常用するべきではないと思います。
使うにしても、できるだけ短期間、本当に辛い状況を脱するまでにしたいものです。

それは何故か?

今の薬の多くは、根本改善させるものではないからです。飲んでいる間は鬱などの症状は楽になりますが、その間に何か改善策を講じなければ何の進展もありません。
一番身近な風邪ですら治せる薬はないのです。

では、どのようにすれば改善するのか?

一番は「体温を上げる」事です。
鬱は「心の風邪」と言われています。

風邪をひく時は冷えているものです。35度台の人がほとんどです。体温が上がってくると同時に、気力も上がってきます。

オススメ

①乾燥ショウガを作って何にでも入れてしまう。

ただショウガを薄く切って天日干ししただけのものです。

この天日干しの工程を経る事で「漢方薬」の一種に変身します。

あの独特なツンとくる角もとれますので使いやすいし、温まり感も違います。

100均でベランダに吊るしておけるアミを購入すると作りやすいです。

作った後は、乾燥剤とともに瓶の中に蓋をしてしまっておきます。

②気海の合谷押し。
他のページでもご紹介した、気海の合谷押し

ヘソの指2本分下にある気海と言うツボを押します。押した手の合谷を押します。

 
鬱など精神疾患の方は、交感神経が緊張しています。

押している間に、深呼吸をして下さい。

特に、吐くときは10秒から20秒かけてゆっくりと息を吐いて下さい。(吸う時は意識しないで良いです。)

呼吸は吸う時は交感神経、吐く時は副交感神経なので、吐くときに時間を長く使ってください。

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る