• LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~21:00

    ※水曜日定休

院長ブログ

自律神経失調症

自律神経失調症ってどうすれば治るのでしょうか?

不眠、慢性疲労、めまい、頭痛、胃腸の不調、漠然とした不安感…
病院では薬を渡されて「様子みて下さい」と言われただけ…


めまいはめまいの薬。
頭痛は頭痛の薬。
不眠は睡眠導入剤。
胃腸の不調には胃腸薬…

出てきた症状を薬でいちいち対処する。
これって、なんかモグラ叩きのイメージじゃないですか?
  
めまいがある方って、胃腸の調子は良いですか?
って聞くとあまり良くないって言います。

もちろん、肩こりもあります。頭痛もたまに出ます。

私は、自律神経失調症はその方の一つの状態と考えます。
わかりやすく言ってしまうと、
「体調が悪い」
と言うことです。
体調が悪いのに、頭痛だけ治すのはムリがあります。
逆に言うと、「元気バリバリ❗️」「絶好調❗️」っていう人が

「でも、頭痛でよく寝込むんだよね」
なんて言わないですよね。もし、言ってる人がいたら、気づいていないか、フリをしているんだと思います。

まあ、「絶好調❗️」を口癖にするのは良いことだと思いますが。
だから、「体調を良くする」と言うことが、どんな治療を受けいても、最終目標にしなければならないと思います。

どうなれば体調が良くなるのでしょうか?

【良い睡眠】
他にも色々あると思いますが、少なくともこれが良好であれば、体調は日に日に良くなります。

寝たら治るというやつです。
良い睡眠の為に…
実はやることがたくさんあります。

良い睡眠は、私としては健康になる為の頂点と考えています。
その為にも、内臓の状態を良くしなければなりません。

体温を今よりもあげなくてはいけません。体温が上がった目安は、前よりも足先が暖かくなっているかどうか。(温活をしましょう)
少なくても、20回は噛んで下さい(目指せ❗️年齢と同じ回数)
良い呼吸をしましょう(呼吸の回数は大海原のうねりと同じ回数。自然の力を呼び覚まします)
当院の頭蓋骨の整体、内臓の整体はとても効果が高いです。
正しい治療を正しい回数受ければ、必ず改善します。

一度ご相談下さい。

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る