• LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ※日曜日は18:00までの診療
    ※水曜日、木曜日定休

院長ブログ

腱鞘炎・バネ指の痛み

腱鞘炎って治るまで長くかかります?

腱鞘炎、バネ指の手術までしたのに、相変わらず痛い。 

手術して1、2ヶ月は調子良かったけど、今度は反対の手が痛くなってきた。

手のマッサージ受けていて、その時は気持ち良いんだけど、すぐに戻っちゃう…  

腱鞘炎、バネ指ってなかなか治らないですよね。
これってどうしてでしょうか?

 

 
理由その1 
原因の多くが、手ではなく、首、肩から来ている。
手の神経ってどこから来ているのでしょうか。
首からです。

 

手のパワーを決めるのは、首の神経なんです。
わかりやすく言うと、首の神経が100パーセント手まで伝わっていれば、100のパワーで働けます。
首が歪んでいて、50パーセントしか手まで伝わってなければ、握力とかも50パーセントになります。 
半分の握力で、仕事すれば、正常な状態の倍は負担がかかります。

理由その2

指は毎日使う。

 

 

特に、利き腕の親指は、上半身の中で、一番使うと言っても過言でないです。

休む日がないですね。  

でも、使い方にちょっとした工夫をすればだいぶ軽減しますよ。

親指の腱鞘炎では 
 上から掴む 

 

 

よりも

 

下から掴むほうが負担は少ないです。

すくい取る感じです。

「救う」

をキーワードに、使い方も少し変えてみてはいかがでしょうか。

■  当院の治療

まずは、全体的な歪みを治します。
特に、胸椎一番と第一肋骨の動きを回復させます。
ここは、腕の神経の通る場所です。

その後、腕の神経の通りをよくします。

腱鞘炎と言っても、体調です。
体調を良くして、正しい治療を正しい回数受けて、早く治しちゃいましょう*\(^o^)/*

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る