パニック障害は心臓の自律神経失調症?!?!|西船橋で鬱、自律神経失調症頭痛、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ブログ更新中!

動悸、パニック障害

パニック障害は心臓の自律神経失調症?!?!

音声で聞きたい方はこちらから

「パニック障害が心臓の自律神経失調症だって?」

「そんなの聞いたことないよ!」

 

とほとんどの人は言うでしょう。

 

パニック障害と言えば心の疾患として世間では扱われています。

だから、パニック障害だとわかれば心療内科や精神科に通って投薬治療を受けます。

 

投薬治療では何が行われるのかと言うと、安定剤や抗不安薬が処方されます。

しかし、安定剤や抗不安薬は治す薬ではありません。

 

では、どのような薬なのかと言うと、不安な心を感じにくくさせる薬です。

不安な心を安定剤で分かりにくくしているに過ぎません。

 

この薬が効いているうちに、自然に寛解することを狙っているのです。

自然に治る人はそれでいいと思います。

しかし、実際には、薬が効かない為に毎日辛い思いをしている人が大勢います。

 

「そんな誤魔化しの薬ではなく根本から治る方法はないの?」

 

その為にはパニック障害の根本的な原因を知る必要があります。

 

パニック障害の根本的な原因とは心臓にあります。

何故ならパニック障害の人のほぼ全員に動悸があるからです。

 

心臓は自律神経の働きによって動いています。

動悸は心臓の自律神経が弱くなった為に起こっています。

 

動悸が出ると心のどこかで「死ぬかもしれない」と言う不安感が生じます。

これが漠然とした不安感につながります。

 

この不安感に「このままエレベーターが止まったらどうしよう」「このまま電車が止まったらどうしよう」「家から随分遠くまで来ちゃったけど帰れなかったらどうしよう」などと言った具体的な不安を足していって、パニック発作が出るまで自分自身を追い込んでいったのがパニック障害なのです。

 

でも、その根本は心臓の自律神経が弱くなった「心臓の自律神経失調症」なのです。

 

 

 

パニック障害の本当の治し方

安定剤や抗不安薬を飲む事ではありません。

それは「心臓の自律神経失調症」を治す事です。

 

でもあなたは

「心臓の自律神経って何?」

と言う事でしょう。

 

自律神経とは何かがわからないからです。

 

それは様々な検査を繰り返して、その結果、異常がなかった場合にお医者さんから

「自律神経かな」

と言われるから、正体不明な感じがするからです。

 

でも、自律神経は実在します笑。

 

どこにあるかと言うとそれは

背骨の中です。

 

自律神経=背骨とも言えます。

 

では何故自律神経が失調するのかと言うとそれは

背骨が歪むから

です。

 

心臓の自律神経を回復させる方法は、背骨をまっすぐにする事です。

その1番の近道は

良い姿勢で過ごす

事です。

 

以下良い姿勢のとり方です。

良い姿勢のとり方

  1. 腰に手のひらを当てます。
  2. その手のひらのすぐ上の背骨の両脇の筋肉に「グッ」と力を入れて、その背骨を反らして下さい(あなたのこの背骨は恐らく出っ張っていると思いますが、この背骨は本来、反っているものなのです)。

 

この姿勢を継続的に行うことによって心臓の自律神経が回復して早期にパニック障害は改善します。

 

 

かよって

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る