心臓の介護認定が下がった!|西船橋で鬱、自律神経失調症頭痛、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ブログ更新中!

動悸、パニック障害

心臓の介護認定が下がった!

音声で聞きたい方はこちらから

「心臓の介護認定が下がったのよ」

 

と言われました。

この人は80歳の方でひどい腰痛のために娘さんに連れられて来院された方です。

 

ここ最近、腰痛はだいぶ良くなっていました。

たまに息がぜいぜいして苦しそうだな、心臓も悪いのかな?と思っていました。

 

すると3ヶ月ほどして

「心臓の介護認定が下がったのよ」

と言われました。

私が

「良かったじゃないですか!」

と言ったら

「良くないわよ!手当が少なくなっちゃう!」

と言われました(笑)

 

これはたまたま良くなったのでしょうか?

 

いいえ。

80歳を過ぎてたまたま心臓の具合が良くなるとは思えません。

 

では何故心臓の具合が良くなったのでしょうか?

 

 

 

心臓の介護認定が下がった理由とは?

 

それは心臓の具合が良くなったからです。

心臓の具合とは具体的には心電図などで判断するのだと思いますが本人的には

  • 息切れがしなくなった
  • 動悸が減った
  • 苦しくなくなった
  • 不安感が減った

などだと思います。

 

実際、ここ最近はぜいぜいしなくなっていますし、苦しそうな姿は見せていませんでした。

 

「心臓の具合を良くする治療もしていたの?」

 

いいえ。

背骨の治療だけです。

 

では何故心臓の具合が良くなったのでしょうか?

 

それは

心臓の自律神経が良くなったから

です。

 

心臓の自律神経は背骨の一つである胸椎1番から出ています。

この胸椎1番が歪むと心臓の自律神経の出が悪くなります。

 

その状態が長く続くと動悸が出たり息切れがしたりします。

 

さらにその状態が長く続くと心臓の病気に発展することもあります。

 

 

 

腰痛を治すのも心臓の具合を治すのも同じ?!

 

腰椎で苦しんでいる人は大勢いる事でしょう。

 

あなたは腰痛の原因を知っていますか?

「重い物を持ったから?」

「ゴルフのせい?」

 

腰痛の原因は「背骨が歪んだから」です。

以下腰痛の発症の仕方です。

  1. 背骨が歪む
  2. 背骨の中には脊髄神経という大切な器官があるのであまり歪んで傷つかないように背骨の周りの筋肉で固める
  3. この筋肉の強張りを腰で自覚するとそれを腰痛と呼ぶ

というように腰痛は発症します。

 

心臓の具合が悪くなる順番は1、2、3までは腰痛と同じで

4、心臓の自律神経が出ている胸椎1番が長く歪むと動悸がでる

 

と言った具合です。

 

腰痛も心臓の具合も最初は「背骨が歪む」からスタートしているので、根本的な治療は「背骨の矯正」になるわけです。

 

この治る手順は1.2.3をすっ飛ばしていきなり4番目からは治せません。

治ったとしてもすぐに元の悪い状態に戻ります。

 

だから、薬などを服用しても改善しないのです。

 

腰痛の治療も世間一般的には腰を揉んだり、腰に鍼をしたりするわけですが、根本的に治らないのは長年マッサージなどに通っている人が大勢いることによって証明されています。

 

1番目から治す事が根本的な治療なのです。

当院の矯正方法について

 

でも、実は1番の前に0番があります。

それは

姿勢が悪い

です。

 

姿勢が悪いために背骨が歪むのです。

 

背骨の矯正と良い姿勢のキープによって体はどんどん良くなります。

 

良い姿勢のとり方

  1. 腰に手のひらを当てます。
  2. その手のひらのすぐ上の背骨の両脇の筋肉に「グッ」と力を入れて、その背骨を反らして下さい(あなたのこの背骨は恐らく出っ張っていると思いますが、この背骨は本来、反っているものなのです)。

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る