心の問題、まずは体から|西船橋で鬱、自律神経失調症頭痛、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ブログ更新中!

不眠、うつ、不安感

心の問題、まずは体から

音声で聞きたい方はこちらから。

あなたが鬱やパニック障害、不安感を治したい時、メンタルクリニックに行くと思います。

 

 

鬱やパニック障害、不安感はメンタル的な症状だからメンタルクリニックに行くのは普通です。

 

ところが、メンタルクリニックではカウンセリングを行う事なく、安定剤や抗不安薬が処方されるだけです。

 

一見、正しい治療のようですが、この薬はただ感じなくさせているだけで、問題の解決をしているわけではありません。

 

それでは、精神的な事だなんだからメンタルを鍛えていけば良いのでしょうか?

 

昔から

「上司の小言は修行の滝だと思え」

とか

「観客を野菜だと思え」

「手のひらに人という字を書いて飲み込む」

など、気持ちをコントロールする方法は提唱されてきました。

 

あなたにお聞きします。

これ出来たことありますか?

 

私は出来ませんでした。

おそらくこれからも出来ないと思います。

 

緊張しないようにすればするほど緊張します。

当然、上司の小言を滝だとは思えません。

 

いや、むしろ滝だと思える人の方が精神的にやられています。

 

精神的な事を精神の力でコントロールすることはとても難しいのです。

 

これができるくらい精神の力が強い人はそもそも鬱などの精神的疾患になりません。

 

精神的な事を精神の力でコントロールすることはあなたも難しいと感じているはずです。

 

「気にしないようにしよう」

「不安なのは気のせいだ」

と無駄な労力を使わないで以下に述べる事をした方がとても建設的です。

 

それは

コントロールしやすい体から問題解決を始める

事です。

 

前述したように、精神をコントロールすることはとても難しいのですが、体をコントロールすることはコツを掴めば簡単です。

 

コントロールできるところから始めていきましょう。

 

ここであなたは

「精神的な事を体をコントロールする事でコントロールできるものなのか?」

と思うでしょう。

 

あまり知られていませんが、鬱やパニック障害、不安症は自律神経失調症なのです。

病気ではないのです。

 

自律神経失調症とは何でしょうか?

自律神経とは交感神経と副交感神経の2つで成り立っています。

 

交感神経は動いている時に活発になります。

副交感神経は休んでいる時に活発になります。

 

仕事中は交感神経、眠っている時は副交感神経がそれぞれ優位になります。

 

自律神経失調症とはこの2つの神経のバランスが悪くなった状態を言います。

 

要は鬱やパニック障害、不安症はこの自律神経のバランスが整えば良くなるのです。

 

自律神経はどこにあるのかというと、これもあまり知られていませんが「背骨の中」です。

自律神経=背骨

とも言えます。

 

自律神経の整え方は世の中に色々ありますが、1番早く、効果的なのが背骨を真っ直ぐにすることです。

 

良い姿勢で生活すると早期にあなたのメンタルは整います。

 

良い姿勢のとり方

  1. 腰に手のひらを当てます。
  2. その手のひらのすぐ上の背骨の両脇の筋肉に「グッ」と力を入れて、その背骨を反らして下さい(あなたのこの背骨は恐らく出っ張っていると思いますが、この背骨は本来、反っているものなのです)。

 

良い姿勢のキープと背骨の矯正が最短で心の問題を改善します。

 

当院の矯正方法DRTについて

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る