逆流性食道炎は脳からのお知らせ?|西船橋で鬱、自律神経失調症頭痛、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ブログ更新中!

胃腸の不調

逆流性食道炎は脳からのお知らせ?

音声で聞きたい方はこちらから

「逆流性食道炎は脳からのお知らせ」

と聞いてあなたはどう思いますか?

 

「逆流性食道炎と聞かされたのはお医者さんからで、脳から知らされたわけではない」

と言う人もいるでしょう。

 

あなたは逆流性食道炎が何故起こるかわかりますか?

 

逆流性食道炎に限ったことではありませんが、ほとんどの症状は体の内部で起こっています。

 

外部からの刺激である怪我とは違うのです。

 

体の内部は誰が管理しているのかと言うとそれは「脳」です。

 

「それは知っている」

「脳が内臓とか色々動かしてくれているんだよね」

 

そうなんです。

 

でも、脳が管理し切れない時があるのです。

そんな時、脳はどうすると思いますか?

 

脳が管理し切れない時はあなたに「お知らせ」をするのです。

 

何のことかわかりませんよね。

 

そのお知らせが逆流性食道炎なのです。

 

脳が「早く気づいて!」「このままだとかなりヤバイよ!」と症状を出しているのです。

 

だから「脳からのお知らせ」なのです。

 

でも、この「お知らせ」の意味がわからない人がほとんどです。

だから、とりあえず病院に行って処方された薬を飲むしかないのです。

 

でも、それではなかなか治らないのが現状です。

 

それは、脳からのお知らせの内容が

「早く病院に行って薬をもらって来て!」

ではないからです。

 

では、この脳からのお知らせの意味はどういったものなのでしょう?

 

 

 

脳からのお知らせの意味とは?

その①背中を丸めないで!

 

逆流性食道炎の人の背中は丸い人がほとんどです。

丸い背中を伸ばすと症状も少し良くなり「スッキリ」します。

 

これが脳からのお知らせの意味です。

脳からのお知らせを良く聞いて、状態を改善すると脳が

「そうそう、それそれ」

と納得して逆流性食道炎の症状を出さなくしてくれるのです。

 

 

 

脳からのお知らせの意味とは?

その②良く噛んで食べて!

 

 

逆流性食道炎の人は早食いです。

あまり噛まないで飲み込んでいる人がほとんどです。

 

背中を伸ばして過ごしていても、食事をしたあとに胸焼けが出るのはこの為です。

 

一口30回噛んで下さい。

 

すると脳が

「そうそう」

「良く噛んでるね!」

と納得して胸焼けを出さないようにしてくれるのです。

 

体の内部のことは全てなんらかの意味があって出ているのです。

 

薬に頼るのは悪いことではないかもしれませんが

「何でこの症状が出ているんだ?」

と考えてみてください。

 

全てのことは脳が必要があると判断して出しているのですから。

 

姿勢?

食べ物?

飲み物?

冷たいもの食べすぎ?

お酒?

などなど。

 

薬を飲んで症状が治まっている間に、色々と変えていくのも根本解決になりますので、取り組んでみて下さい。

 

当院の治療方法DRTについて

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る