不安神経症とソファーの肘掛け|西船橋で鬱、自律神経失調症頭痛、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ブログ更新中!

不眠、うつ、不安感

不安神経症とソファーの肘掛け

音声で聞きたい方はこちらから。

不安感を感じている人って結構多いんです。

 

不安症とか不安神経症とも呼ばれています。

 

ハリウッドのスターたちも、悩んでいた事を公表していたのをみて驚きました。

全世界的な疾患なんですね。

 

この不安感の1番の特徴は

漠然とした不安感

です。

 

このご時世ですからほとんどの人に、なんとなく不安感があると思います。

 

コロナにかからないか不安だ、、、

給料が減るんじゃないか不安だ、、、

外出しても良いものか不安だ、、、

 

などなど。

これらの不安にはそれぞれ理由があります。

 

しかし、私がここでお伝えしているのは「漠然とした不安感」です。

 

なんとなくいつも不安、、、

なんの理由もないのに不安、、、

家でじっとしていると急に不安になる、、、

 

このような理由のない不安感は一体どこから来るのでしょうか?

 

この漠然とした不安感の正体、それは

心臓の自律神経失調症

によるものです。

 

心臓は自律神経により自動的に動いています。

寝ている間も、意識しなくても、ずっと規則正しく動いています。

 

ところが、心臓の自律神経が悪くなると、心臓の拍動が乱れたりします。

この状態を心臓の自律神経失調症と言います。

 

心臓の自律神経失調症の最初の症状は「動悸」です。

その後に不安感がセットでやってきます。

 

これは、動悸がすると

「心臓が止まるんじゃないか?」

と言う意識が働いて、死の恐怖を感じるようになるためです。

 

この漠然とした不安感は、言い換えれば「死の恐怖」なのです。

 

 

漠然とした不安感の原因

 

不安感とソファーの肘掛け

と言うタイトルを見て

「何のこと?」

と思う人がほとんどだと思います。

 

実は不安感とソファーの肘掛けはすごく関係が深いのです。

 

不安感を訴える人の多くがしている事があります。

 

それは

ソファーの肘掛けを枕にする

事です。

 

ソファーの肘掛けを枕にしてテレビを見たり、スマホを操作したりしているのです。

 

何故これがいけないのかと言うと、首のすぐ下にある背骨の胸椎1番に凄く負担がかかって、大きく歪ませることになるからです。

 

この胸椎1番からは心臓の自律神経が出ているのです。

 

このソファーの肘掛けを枕にしていると、健康な人でも遠からず心臓の自律神経が失調します。

 

息切れが出たり、動悸が出たり、不安感が出たりします。

 

今、不安感に悩んでいる人は今すぐにやめてください。

今すぐにです!

 

ハリウッドのスターたちの生活を見たことはありませんが、ソファー生活が主流のアメリカでは、ポテトチップを食べながらソファーで寝そべるような事をしていそう。

 

もしかしたらソファーの肘掛けを枕にしているのかもしれないですね。

 

それをやめるだけで、カウンセリングもいらなくなります。

 

当院の矯正方法DRTについて

矯正後の良好な状態をキープする方法

 

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る