在宅ワークで体調不良は何故?|西船橋で頭痛、肩こり、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

船橋市の自律神経失調症専門整体
  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ※日曜日は18:00までの診療

院長ブログ

在宅ワークで体調不良は何故?

もうじき緊急事態宣言も終わりますね。

コロナ禍から体調不良の方が良くいらっしゃいます。

コロナでもないのに何故体調不良なのでしょうか?

 

①圧倒的に歩かなくなった

 

在宅ワークで通勤がなくなりました。

それはそれで私はとても良いと思います。

そもそも満員電車に乗る苦痛から解放されたくて自営業を始めたくらいですから。

 

でも歩く量が圧倒的に減った方が多いです。

中には一日中家にいたという方もいます。

歩くことは人間の基本的な機能です。

歩かなくなった人から退化します。

 

②机と椅子が合わない

 

会社の机と椅子はそこそこ良いものを使っているので仕事しやすいのですが、自宅の机と椅子はそもそも仕事用ではない方が多いように思います。

 

中には家には机がなく段ボールを使っているという極端な方もいます。

それは極端な例ですがダイニングテーブルで仕事をしている方も多いです。

 

職場よりも座りにくい、机の位置が悪いという方が結構多いように見受けます。

 

③ずっと座り続けている

 

会社では色々な用事があり立ったり座ったりしている方も、自宅ではほとんど座りっぱなしになっているようです。

 

在宅ワークにおける注意点

 

①少なくとも通勤で歩く量は歩きましょう

通勤で朝30分歩くのなら同じ時間に同じ量歩きましょう。

昼休みにご飯食べるときにお店まで10分歩くならお昼に同じ量歩いてください。

 

②机と椅子をそれなりに良いものにしましょう。

ニトリやIKEAに行けばそんなに高くなく揃えられます。

欲を言えばヘッドレストまである椅子が望ましいですが、ダイニングテーブル、チェアーよりはだいぶましだと思いますので買い揃えてください。

 

これから在宅ワークが続くのであるのなら投資だと思ってください。

 

③1時間に一回立ちましょう

会社と違って立つ機会が少ないので強制的にら立ちましょう。

キッチンタイマーを1時間で鳴るように設定して何も用事がなくても定期的に立ってうろうろして下さい。

 

在宅ワークに必須の座り姿勢とは?

辛い状態を改善するDRTとは?

 

 

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る