嫌なことをやらない|西船橋で頭痛、肩こり、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~21:00

    ※水曜日定休

院長ブログ

嫌なことをやらない

先日のイチロー選手の引退会見で私が1番共感できたところをお伝えしたいと思います。

 

記者に「今までで1番我慢したことはなんですか?」

と聞かれたところ

「我慢はしたことないです」

「ぼくは怠け者なので嫌なことはやらないんです」

と答えたところでした。

 

私は思わず「そうそう!」と嬉しくなりました。

色々な感じ方があって良いとは思いますがイチロー選手は終始「やりたいからやってただけ」というスタンスで話していたと思います。

 

「体を動かすのが好きだから動かしていた」

というのもイチロー選手らしかったです。

 

子供の頃、365日中363日バッティングセンターに通っていたというエピソードがありました。(確かその2日は定休日と高熱で仕方がなく休んだということでしたかね)

 

そのニュースが流れると我が子をイチロー選手みたいにしたい親が無理やりバッティングセンターに通わすという現象が起きました。

 

その時イチロー選手は

「勘違いしないでください。僕は一度たりとも親に行けと言われたことはないです。むしろ父親にせがんでバッティングセンターに連れて行ってもらっていたんです」

と言っていました。

 

コツコツと努力すればそのうち花が咲くこともあるかと思います。

でもイチロー選手の会見を聞いていると「好きなことをやっている」からこその努力なんだなと感じました。

 

いや、もしかしたら本人は「努力」と思っていないかもですね。

「人よりも努力したとは思いませんが」とも言っていましたし。

 

エジソンの会見も思い出しました。

「1パーセントのひらめきと99パーセントの努力」

これは世の中に伝わっているような努力が大事ということではなくそもそも1パーセントのひらめきがなければ99パーセントの努力も意味がないということを伝えたかったらしいです。

 

がむしゃらに努力を重ねるのではなく嫌なことをやらない、好きなことををやる、ひらめきを大事にするとその後の行動が身を結ぶのだと思うんですね。

 

嫌なことを無理やり頑張っていても結果は出ないです。

出ても一時的に終わります。

 

とりあえず嫌なことはやらないを実践していきます。

嫌なことやる時間もないですしね(^ ^)

 

ダブルハンドリコイルテクニック(DRT)

にしふなリセット整骨院

柔道整復師   宮島信広

273-0025

千葉県船橋市印内町672-2LEO26番館一階

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る