• LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~21:00

                               

    ※水曜日定休

院長ブログ

暑がり 自律神経失調症

スミダジャズフェスティバルに行ってきました。

町中いたるところで音楽の祭り!みたいな感じでなんか無性に楽しくなりました。

音楽の持つ力は偉大ですね。

ここの所涼しいですね。

この日も涼しいのですごく助かりました。

でも

「涼しすぎて体調が悪くなりそうだ」

「一体夏はどこに行ったんだ」

「気分がめいりそうだ」

「蝉が泣かなくなった」

などなど・・・

天気の悪口を言い出す方がいます。

私の経験上、天気の悪口を言い出す方は体調及び精神状態があまりよくない方です。

そのあと天気が良くなって夏が戻ってくると

「暑くてやってらんない」

「異常な暑さだ」

「早く夏が終わらないかな」

などと言い出します。

天気の悪口を言う方は、政治の悪口、芸能人の悪口、上司の悪口も言っている確率は高いです。

雨上がりのステキな虹にも気が付きません。

もし自分がそういうことをしているようなら

「体調が悪いんだな」

と思って体調が上がるように生活してください。

もし周りにそういう人がいたらなるべくかかわらないでください。

影響を受けますから。

大切な人がそういう状態なら疲れているのかもしれないのでいたわってあげてください。

「疲れているんじゃないの?」

「頑張っているね」

「いつもありがとう」

「手伝おうか」

 

暑がり

涼しいときでもいつも暑い暑いと言っていらっしゃいます。

でもその方のお腹と足を触るとすごく冷えています。

暑いのは上半身だけなんです。

この状態を東洋医学では「気逆」と言います。

お腹に必要な気が上半身に上がってしまっている状態です。

この状態になると頭痛、めまい、不眠、腰痛、脚の冷えなどなど様々な自律神経失調症の症状が出ます。

一番改善しなければいけないことは「下半身の冷え」です。

この方は冷たい飲み物が大好きで夏場は特にいつも冷たい飲み物を摂っているそうです。

寝るときは薄手の短パンで寝ているそうです。

暑くなっちゃうので湯舟は1分くらいしか浸からないそうです。

 

今の症状は過去の生活習慣の集積です。

今つらい症状を改善するのにいつもと同じことをしていてもたどり着くところは一緒です。

毎日同じことをしていても違う結果にはたどり着けません。

この方には良い姿勢の指導と夜寝るときは長ズボンに夏ですがヒートテック靴下をはくようにお願いしました。

冷え性を自覚されている方は「保温」を実行してください。

女性は夏になると短いズボンに靴下をはかないでサンダル履きで来院される方も多くみられます。

夏の方がむしろ冷えやすく保温の必要性があるんです。

 

良い姿勢とは?

当院の矯正法DRTとは?

自律神経専門整体

にしふなリセット整骨院

273-0025

千葉県船橋市印内町672-2LEOGARDEN26番館101

047-404-6153

https://www.nishifuna-rs.com

 

 

 

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る