熱中症対策|西船橋で頭痛、肩こり、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

船橋市の自律神経失調症専門整体
  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ※日曜日は18:00までの診療
    ※水曜日、木曜日定休

院長ブログ

熱中症対策

今日も暑いですね。

7月が嘘のようです。

熱中症に気をつけて下さい。

 

熱中症対策として塩分、水分のこまめな補給。

室温の管理などがあげられますね。

 

実は私20年前くらいに熱中症になりかけたことがあります。

ショッピングモールで買い物してほんの10分ほど外にいたときに手足が痺れて「これはまずい!」と感じすぐに屋内に行きました。

 

その時はなぜあんな短時間で熱中症になったのかわかりませんでしたがどうやらこういうことなんだなと言うことがわかりました。

 

「汗をかく能力の低下」です。

 

冷房に慣れてしまっていて

暑い→汗をかく

というシステムが弱くなってしまっていたのです。

 

汗をかくということも一つの能力です。

暑い最中にサッカー少年が真っ黒になって一日中走り回っていてもそうそう熱中症になりません。

 

それは汗をかく能力が高いからです。

運動する習慣がなかったり冷房の効いた部屋に一日中いたりすると汗は出るものの「ジワー」としか出ません。

暑い→汗をかく

という動作に時間がかかります。

いわゆる「汗をかく瞬発力」です。

 

これが低下すると一時的に体温が体の中から発散しにくくなりその間に体温が高くなり過ぎて熱中症になってしまうのです。

 

暑い昼間などに運動するのは自殺行為ですが少し涼しい時間帯に軽く運動をして汗をかくシステムを強化するのもおすすめです。

 

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る