自律神経失調症の習慣とは?|西船橋で頭痛、肩こり、めまい、不眠、いらいらなどでお悩みの方専門整体院

船橋市の自律神経失調症専門整体
  • LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~20:00

    ※日曜日は18:00までの診療
    ※水曜日、木曜日定休

院長ブログ

自律神経失調症の習慣とは?

当院は自律神経失調症の方が多く来院されます。

自律神経失調症はなぜ起こるのでしょうか?

 

まず自律神経とは何でしょう。

大きく分けると二つに分けられます。

1・交感神経

2・副交感神経

 

自律神経失調症はこの二つの神経のバランスが崩れた状態を言います。

 

では何故自律神経のバランスが崩れるのでしょうか?

 

1・仕事

2・私生活

大きく分けてこの二つです。

 

大きくまとめるといわゆるストレスによるものです。

私の理論では体を壊してまでやる仕事はないと思っていますし、家庭環境が悪ければ逃げ出しても良いと思っています。

だってそのまま続けていたら最悪死んでしまうかもしれないのですから。

だから仕事が原因なら仕事をやめればいいと思いますし、パートナーに問題があるなら別れれば良いと思います。

 

ですが、当院に来院されている方で今のところ仕事を辞めたとか離婚したというかたはほとんどいません。

 

ほとんどの方は今の生活環境のままで自律神経失調症が良くなっています。

どのようにしたかと言うと背骨を整えてその良好な状態がずっと続くように生活習慣を変えてもらっているだけです。

 

何故それだけで良くなるのかと言うと、自律神経は背骨の中にあるからです。

だから背骨の矯正で自律神経は良くなるのです。

 

あとは当院で推奨している良い姿勢をキープすると人によって期間はマチマチですが必ず良くなります。

 

ただ、ひどい自律神経失調症の方は「え⁈」と耳を疑うような生活習慣を持っている方もいます。

 

最近来た方の中では

「10年以上布団で寝ていない」

と言う方もいました。

 

「冬は寒いからホットカーペットにそのままゴロっと寝てクッションを2個マクラにして毛布かけて寝ています」

と言う驚きの生活をしている方でした。

 

人間は寝ている間に治ります。

起きている間はもちろんですが、寝ている環境をいかに良い状態にするかもとても大切です。

 

朝から調子が悪い方は寝具、主に枕を見直すと改善が早いです。

枕の良し悪しがわからない方はご連絡ください。

 

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る