• LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~21:00

                               

    ※水曜日定休

院長ブログ

手術後眠れないのはなんで?

開腹オペをした方が不眠症になる事があります。

何故でしょう?

 

開腹オペは体を切ります。

仕方がない事なんですが体は切られて神経がとっても興奮します。

麻酔かけてたってダメージは凄いですよ。
興奮するのは主に交感神経です。

交感神経が興奮すると対極にある福交感神経は減弱します。

 

月と太陽みたいな感じです。

一日中昼間だったら疲れちゃいますね。

 

福交感神経はお休み神経と言って睡眠時に必要な神経です。

だから睡眠に障害がでてしまいます。

どうすれば良いのでしょうか?

福交感神経を優位にする生活をしましょう。

お腹が張っていませんか?

張っているところに手当てして下さい。

傷口の近くでも良いと思います。

 

あと、お腹を刺激するものは摂るのをやめましょう。

例えば冷たい物、添加物の入ったものなどなど。

 

腹式呼吸も副交感神経を優位にします。

呼吸は吸うときに交感神経、吐くときに副交感神経が優位になります。吐く息をなるべく長く吐いてください。

 

細く、長く、最初のうちは無理をしないで良いので10秒くらいかけて吐いてください。

吸う方は自然に吸って構いません。

当院の治療

背骨の矯正DRTで全身を緩ませます。

この治療法は自律神経のバランスを最速で整える治療法です。

DRTの後はすごく眠くなるという方が多くいます。

それは交感神経の緊張が解けて副交感神経が優位になるからです。

傷口が気になる方はお腹は触りませんがDRTを受けるとお腹が勝手に緩みます。

傷の治りも早まります。

 

当院の治療法DRTとは?

自律神経専門整体

にしふなリセット整骨院

273-0025

千葉県船橋市印内町672-2LEOGARDEN26番館101

047-404-6153

 

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る