• LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~21:00

    ※水曜日定休

院長ブログ

自律神経の調子が悪い春

写真は四年前に購入した苔玉君です。

毎週水をあげてます。

「うまく育ててるね〜。どうやってるの?」

とたまに聞かれますが毎週水をあげてるだけです。

ほんとそれだけなんです。

この子に限らず他の植物もほとんど水をあげてるだけです。

でもよく育ちます。

私が院内でストレスなく楽しんで仕事しているからでしょうか。

お昼休みで外出してても癒しの音楽を一日中かけているからでしょうか。

水だけなのにこんなに生き生きとしているのは不思議です。

 

毎年この時期になるとみなさんにお願いしている事があります。

 

「冬物クリーニングは5月にして下さい」

です。
3月になって薄着の方が増えましたね。

でも、私はまだまだ寒いと思います。

3月って言う春のイメージのせいなのでしょうか?

夜にスーツ一丁で歩いているサラリーマンの方もいました。

 

 

頭痛、めまい、不眠症など自律神経失調症の症状が強くなるのが3月です。

 

自律神経が揺らぐとも言います。

この時期は暖かかったり寒かったりするので体温を一定に保つために自律神経が働きすぎて疲れてしまいうまくいろんな事が調整できない為に起こります。

それを悪化させているのが「冷え」です。

めまい、吐き気、頭痛、その他自律神経失調症の方のほとんどは手足が冷えています。

要は冷え性なんです。

たいして暖かくないのに、雰囲気だけで薄着にすると冷えを悪化させて自律神経の働きが悪くなります。

①まずは今日の天気、気温を携帯でチェックして下さい。

②出かける前に外に出て自分で確認して下さい。風があるだけでも体感温度が違います。(風速1メートルで体感温度は1度下がります)

③帰りが遅い人は最低気温に合わせた服装にして下さい。

④しばらくは冬物を1着は残しておいて下さい。

暖かくなってきたからこそ冷やさないように注意しましょう!
当院の治療法DRTとは?

症状の根本改善とは?
にしふなリセット整骨院

船橋市印内町672-2LEO26番館101

0474046153

https://www.nishifuna-rs.com

この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る