• LINE
  • ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

    0474046153

    午前10:00~12:00  午後15:00~21:00

                               

    ※水曜日定休

院長ブログ

変形性膝関節症は治るか?治らないか?

レントゲン撮ったら変形しているから治らないと言われた。


よく聞く話です。

でも、本当にそうなのでしょうか?

「お医者さんが言ったのだからそうなんでしょう」と言われそうですが、果たしてそうなのでしょうか?
結論は

「変形している骨は、治るか治らないかはわからない」

「でも、変形はそのままでも、痛みは取れます」

と言うところです。

アメリカの病院でとったデータでは、レントゲンと症状が一致する事は30パーセントに過ぎないそうです。
それどころか、私の臨床上の経験では変形性膝関節症と言われた方の9割以上の方が改善しています。

何故痛みがとれるのか?

それは、レントゲンは形だけしか見ていない為です。

動きを見るものではないからです。

変形していても、正常な動きを関節が行っていれば痛くはないのです。

あと、もっと言ってしまうと、膝の痛みの大半は腰からきています。

腰を治しただけで、膝を触らなくても痛くなくなる人が大勢います。

では、変形性膝関節症と言われた方は何を気をつければ良いのでしょう?

  • 床座りをしない。
  • 良い姿勢を心がける。
  • 立つときに膝が正面に向いているかどうか気をつける。

膝の痛みは腰からきている事を考えても、良い姿勢を心がけてください。

床座りでは、良い姿勢をとるのは難しいし、立つときに膝を正面に向けて立つ事は困難です。

椅子の生活が良いですが、どうしても床座りしたい場合は、座布団やクッションを重ねて座面を高くして座って下さい。


この記事を書いた人


にしふなリセット整骨院
院長 宮島信広
柔道整復師(国家資格)

ページトップへ戻る